八王子版 掲載号:2018年10月25日号 エリアトップへ

八王子市 多摩NTの「将来像」明確に イメージ払拭狙い 課題も

社会

掲載号:2018年10月25日号

  • LINE
  • hatena
商業施設が立ち並ぶ、ニュータウンエリアの「南大沢駅」周辺
商業施設が立ち並ぶ、ニュータウンエリアの「南大沢駅」周辺

 八王子市は先月末、顕著に少子高齢化が進むとされる市内多摩ニュータウンエリアの持続可能な街づくりを進めるための方針案を発表した。子育てや住環境の将来像などが盛り込まれているが、担い手となる若い世代をいかに呼び込むか、に課題が残る。

 ニュータウンエリアの課題やその解決策について、今年4月までに4回行われたワークショップで集まった地域住民や学生らの声などを基に、市がまとめた。案には、子育て世代に向けた方針や住環境に関するもの、そして、住民が企業や学校、行政などと組んで新たな”賑わい”創出のための方針などが定められている。

 考慮されているのが、その地域性だ。エリアごとに整備時期が異なるため、住宅の老朽や高齢化が問題となっている地区がある一方、商業施設や住宅が立ち並ぶエリア、現在も戸建住宅の建設が進む場所があるため、「これからの社会情勢を考慮し、その時々におけるニーズを把握しながら各エリアに合った街づくりに取り組んでいく必要があると考えている」と市担当者。街の目指す方向性を明確にすることで、「高齢化が進むニュータウン」というマイナスのイメージを払拭したい、ということが今回方針案をつくった理由のひとつだったと話す。

若い世代が鍵

 課題となるのが、”担い手”づくりだ。市は企業や大学、NPOなどの力を借りて、街づくりを住民主体で進めていきたいとするが、担い手の中心と期待される若い世代をいかに呼び込んでいくか、に課題が残る。

 市が、高齢化が進んでいる地区とする松が谷では今春、老朽化した団地がマンションに建て替えられ、ニューファミリー層の入居が始まっているほか、堀之内で建設が進む戸建住宅には30、40代世帯が移り住んでくるなど、ハード面で「受け入れ」体制が進む一方、松木周辺で転入者と地元住民のつながりを深めるイベントなどを開催している市民団体の代表を務める吉田俊一さんは「催しなどを通して、学生にこの地区の魅力を知ってもらい、『定住したい』と思ってもらえるようにしていく必要もあると思う」とソフト面の強化も必要と指摘する。

 ニュータウンを調査・研究している「多摩ニュータウン学会」の西浦定継会長は、若い世代を呼び込むには「彼らの手が届くような価格帯の住居と子育てや働く場が揃う街づくりが大切」と話し、地域に愛着をもってもらう仕掛けを行い、学生の「定住化」を図っていくことも必要としている。

八王子版のトップニュース最新6

外国人に「話す喜び」

外国人に「話す喜び」 教育

日本語スピーチ 今年20年

10月17日号

廃材で「環境かるた」

北野町NPO

廃材で「環境かるた」 教育

手作り まつりでお披露目

10月17日号

古本まつりが10周年

古本まつりが10周年 文化

まちの魅力アップに貢献

10月10日号

八王子が新記録の13連覇

市町村体育大会

八王子が新記録の13連覇 スポーツ

スポーツ協ら活動実る

10月3日号

高尾で地域振興

音楽家千晴さん

高尾で地域振興 文化

「みんな地元」 パン店開業

10月3日号

店主ら「期待」「無縁」

店主ら「期待」「無縁」 経済

ポイント還元 10月から

9月26日号

「幻の電車」、90年前に頓挫

「幻の電車」、90年前に頓挫 社会

鑓水発 NT開発など影響

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク