八王子版 掲載号:2018年12月6日号 エリアトップへ

税知識の普及などを推進する八王子間税会の会長を務める 伊奈 稔さん 台町在住 84歳

掲載号:2018年12月6日号

  • LINE
  • hatena

「役人」から割烹「職人」へ

 ○…間接税である消費税の始まりと共に、発足した集まり。「間税会は誘われて入りました。おしゃべりが好きだしね」と愛嬌たっぷりに笑う。会長になり、およそ20年。昨年度から市内中学生を対象に標語コンクールをスタートした。税については「法人税を下げて、消費税を上げている。(企業も市民も)同じ負担にするべき。今は藩閥政治に戻っているようだよ」と語る。

 ○…相模原市の城山の出身。地元の中高を卒業後、横浜国立大学へ。機械工学を専攻した。「県の工業試験所に入ろうと思ったけど、面接で『しゃべりはむいていない』と言われてね」と苦笑い。県庁の工業課で働くことに。その後、八王子の老舗料亭からお見合いの話が舞い込んでくる。「機械好きだから手先は器用だよ」。婿に入り、店主の義父が体調を崩したのを機に厨房へ。バトンを受け『割烹伊奈喜(いなき)』の3代目となった。

 ○…「うちは小結級のお店だった。料亭は13軒あったけど、今は2軒だけだね」と昭和を懐かしむ。残ることができたのは「時代にあわせることが大切。お客様を選んでもいけない」と説く。「いないとこの町はなりたたない」と、芸者の支援にも力を入れる。実は県の役人時代、仲間を連れて八王子芸者衆とよく遊んでいた。「きっぷのいい芸者さんもいたね。今の子はしっかり勉強しているよ」

 ○…「着物が名刺代わり」と言われるほど和装を好む。40年ほど前、高尾山の役員になり法要で紋付袴を作ったのがきっかけ。箪笥は袷(あわせ)や単衣(ひとえ)でいっぱいだ。趣味は囲碁。好物は、今は長男がきりもりする自店で提供している天丼。夫婦は来年、ダイヤモンド婚を迎える。共に元気でいられるのは「高尾山のご利益だよ」と感謝した。

八王子版の人物風土記最新6

荒又 美陽さん

多摩ニュータウンの調査・研究にあたる市民グループの会長を務める

荒又 美陽さん

文京区在住 46歳

10月17日号

三浦 元(はじめ)さん

ワールド ヨーヨー コンテストで6連覇を達成した

三浦 元(はじめ)さん

大楽寺町在住 15歳(高1)

10月10日号

大野のどかさん

「つづく地図 はちおうじ」発行の呼びかけ人で、携わるメンバーのひとり

大野のどかさん

千人町在住 

10月3日号

竹下 正哲(まさのり)さん

拓殖大学教授で筑摩書房から新書「日本を救う未来の農業」を上梓した

竹下 正哲(まさのり)さん

打越町在住 48歳

9月26日号

黒部 睦(むつみ)さん

南多摩中等教育学校6年生で、少年少女国連大使としてSDGsの啓蒙活動を行う

黒部 睦(むつみ)さん

東大和市在住 18歳

9月19日号

富田 喜代志(きよし)さん

初の遺品展を開催した八王子市遺族会の会長を務める

富田 喜代志(きよし)さん

台町在住 78歳

9月12日号

津川 瑠衣さん

今夏開催されたインターハイの陸上競技女子400M障害で優勝した

津川 瑠衣さん

八王子高校3年

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク