八王子版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

八王子「工業」発展めざし 次工研の活動 田野倉会長にきく

経済

10月に熊本県の製作所を視察した時の様子=提供写真
10月に熊本県の製作所を視察した時の様子=提供写真
 「次工研(じこうけん)」と呼ばれるこの研究会は、市内にいくつかある経営者団体の中でも特徴的な存在という。それは「工業に特化」した企業の集まりだからだ。

 「次世代工業研究会」(田野倉寛会長=千人町・京西電気(株)代表)は、八王子商工会議所工業部会の中で、40〜50代の「若手経営者」らによる企業が所属する組織。金属製品製造業、電子部品・デバイス製造業、精密機械器具製造業など現在59社。2012年に結成された。

 活動の目的は、八王子工業の健全なる発展のため、人材育成や人・技術のネットワークづくりの促進など。その達成にむけ、定期的に勉強会やセミナー、視察会などを開いている。

夢は「下町ロケット」

 「仲間とつながりができる。情報交換の場にもいい」。会長になり2年目の田野倉さんはそのメリットを話す。中小零細企業においては人手不足が深刻な課題とされているが、将来を前向きにとらえ「『下町ロケット』のような取り組みができれば。ヘルスケア(健康管理)の分野などいいと思う。八王子ブランドで他所(よそ)も巻き込むスパイラルを作りたい」と展望を話した。

次工研の田野倉会長
次工研の田野倉会長

八王子版のローカルニュース最新6件

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク