八王子版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

ボランティア団体 自助具「もっと知って」 生活弱者の「支え」製作

社会

フレンズ代表の伴さん。手に持つのは、手首を回さずに片手でお茶がくめる装置
フレンズ代表の伴さん。手に持つのは、手首を回さずに片手でお茶がくめる装置
 「自助具(じじょぐ)」と呼ばれる福祉用品を作るボランティア団体がある。八王子自助工房フレンズ(元横山町)は2015年から活動を行っている。自助具は関東地方では馴染みが薄く、製作する団体もわずか。代表の伴毅(ばんつよし)さんは「活動についてもっと知ってほしい」と話す。

 関節など体の一部が動かしにくい人でも、他者の助けを借りずに自分でできる。できることが増えれば、積極性や生活の質が高まることも期待される。

 フレンズが手掛けるものは、片手で取り出せるラップや、握力が弱い人でも使えるよう柄を加工したスプーンなど。依頼があれば、ほぼ材料費のみで作っている。

 10人のボランティアで活動している。それぞれ都合がつくときに上恩方町の作業場に行く。「モノづくりが好きなリタイア組」が多いそう。

 伴さんは自身も両手が震えて字を書くのが不自由なので、パソコンで図面を作り、作業は他のメンバーに任せている。

 活動を始めて2年半、伴さんが感じているのは「自助具に対する認知の低さ」。そのため活動をなかなか理解してもらえないのが課題だ。

体の状態に合わせて再加工も

 伴さんは「人によって『どこまで動けるか』など障害の程度は異なるから、基本的にはオーダーメイドになる」と話す。さらに、障害は進行する場合も多いので、そのときの状態に合わせて作り直すこともある。

 現在頼まれている自助具の1つが「左手だけで吹けるトランペット」。依頼者は指の動く範囲にも制限があるので、その部分も調整しながら作る必要がある。「でも、どうやったら吹けるようになるのか。それを考えるのが楽しい」。伴さんの目は使命感に満ちていた。フレンズについての問い合わせは八王子市ボランティアセンター(【電話】042・648・5776)へ。

片手で使えるシャンプーボトル
片手で使えるシャンプーボトル

八王子版のトップニュース最新6件

剣道竹松さん復活V

100周年に向け会員増強中

八王子長野県人会

100周年に向け会員増強中

12月13日号

ゲーム開発用ソフトで賞

めじろ台藤巻さん

ゲーム開発用ソフトで賞

12月6日号

キューバ遠征メンバーに

八王子高野球部武内さん

キューバ遠征メンバーに

11月29日号

アラフォーアイドル誕生

「第2の青春」真っ只中

清川町拠点ソフトチーム

「第2の青春」真っ只中

11月22日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク