八王子版 掲載号:2018年12月13日号
  • LINE
  • hatena

今月84回目の定期公演を行うバレエ団シャンブルウエストを率いる 川口 ゆり子さん 上野町在住 68歳

楽しんでもらうことがバレエ

 ○…牧阿佐美バレエ団のプリマとして主演を演じ、海外でも活躍。2006年には紫綬褒章を受章。そんな世界的なスターによる恒例の地元公演が近づいている。「都心まで行かなくても本物を届けたい」と始めて84回目。今年は旗揚げ時と同じ演目「くるみ割り人形」だ。「バレエは音楽も照明も衣装も含めた総合芸術。耳馴染みのある曲や中国、ロシアの踊り、そして舞台装置も見どころです」

 ○…小5まで暮らした親元(八王子)を離れて吉祥寺の橘バレエ学校に。「6人兄弟の末っ子だったから、かわいがってもらえました。だから家を出ることには親もびっくりして」。稽古場の上に住み、毎日レッスンに励んだ。指導は日常のあいさつや話し方、食事のマナー、さらには華道、茶道にまで及んだ。「先生は母親代わりでしたね。舞台には『人間性』が出てしまう。だから人間ができてないと」と教えられた。

 ○…芸術選奨文化大臣新人賞を受賞し、乗りに乗っていた20代の頃、腎臓結石を患った。これまでどおりに動けなくなることを恐れ、メスは入れずに自然治癒を選択。3〜4年が経過し、痛みはなくなったが「1日練習しないだけでも、思い通りに動けない。もうセンターは踊れない」。長い空白期間がやる気をそいだ。その後、恩師からの手紙をきっかけに、「挨拶だけ」と教室を覗きに行ってから、踊る喜びを思い出した。再び舞台を目指した。

 ○…現役で踊り続けるため、スタジオには誰よりも早く来て、誰よりも遅く帰る。「舞台に出る以上はそれくらいやらないと」。後進の育成も楽しみだ。「子どもたちからパワーをもらっています」。来年は自身のスクールの30周年。新しい企画も考えているという。「毎年『今年こそ引退』と思うんですが」。楽しい舞台はまだまだ続きそうだ。

八王子版の人物風土記最新6件

江原 直子さん

途上国での英語指導を経て、市内に教室を開いた

江原 直子さん

2月21日号

石塚 太一さん

八王子市医師会の会長を務める

石塚 太一さん

2月14日号

秋山 順子さん

(一社)八王子青年会議所(JC)で初の女性副理事長をつとめる

秋山 順子さん

2月7日号

貫井 直輝さん

「春高バレー」で3位となった、八王子実践・女子バレーボール部の監督を務める

貫井 直輝さん

1月31日号

加納 愛子さん

ライブバー「シネマクラブ」(横山町)のオーナーで2月に歌手デビューする

加納 愛子さん

1月24日号

和田 隆彦さん

鍛造(たんぞう)作家で昨年末、ギャラリーをオープンした

和田 隆彦さん

1月17日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク