八王子版 掲載号:2019年4月4日号 エリアトップへ

(PR)

高月地区 酒蔵と農業でまちづくりを

掲載号:2019年4月4日号

  • LINE
  • hatena
高尾の天狗の生産は2014年、「日本酒で八王子を盛り上げよう」と酒卸業者らが主体となり「はちおうじプロジェクト」としてスタートした。米作りから酒ができるまで一連の工程を市民が参加できる企画でもある
高尾の天狗の生産は2014年、「日本酒で八王子を盛り上げよう」と酒卸業者らが主体となり「はちおうじプロジェクト」としてスタートした。米作りから酒ができるまで一連の工程を市民が参加できる企画でもある

八王子の酒「高尾の天狗」

 八王子の酒「高尾の天狗」を軸にしたまちづくりを進めるNPO法人はちぷろは、3月23日に京王プラザホテル八王子で恒例の「新酒を楽しむ会」を開いた。その中で今回の「目玉」として、市北部の高月地区で酒蔵を中心とした農業まちづくり基本構想案の発表があった。

新酒会で「計画案」発表

 高尾の天狗は八王子産の米を使い、長野県の酒蔵で醸造する「八王子の酒」。「新酒を楽しむ会」は例年この時期開催されており、関係者らを招き「できたばかりのお酒」を披露するもの。当日はホテル会場いっぱいにおよそ250人が集まった。

 会の中で西仲鎌司(けんじ)代表理事が今年度の活動について説明した。「契約農家の方が2軒から5軒になった。米の質が上がり雑味が少なくきれいな酒ができた」とし「今回は8千本を出荷し来季は初年度の10倍となる1万本を計画。これまで市内のみだったが東京五輪パラを見据え一部市外でも販売する」と話した。また「酒蔵づくりは何としても実現したい」と力を込めた。

2021年めざす

 酒蔵は高月町に2021年の新設をめざしている。その計画は現在、行政をまきこんだ「まちづくり」へ話が発展している。

 「日本中どこでもそうだが、高月でも次世代への(田園風景の)継承が課題。酒蔵を中心にまちづくりを展開していきたい。酒蔵はまちづくりの拠点」。会の終盤、この「高月町農業まちづくりと酒づくり」プロジェクトを担当する環境デザイナーの三島由樹さん((株)フォルク)と鶴田隆一(たかいち)代表理事が檀上にあがった。

 具体的には酒蔵を中心に農業レストラン、交流施設、マルシェ、体験スペースなどの併設を考えている。「世界のどこにもない酒蔵と田園のまちにしたい」と2人は夢を語った。西仲さんは「まだスタート地点。しっかり地に足をつけ夢にむかってまい進したい」と意気込む。なお5月中旬には八王子の特産品パッションフルーツを使い八王子商工会議所と開発したサワーの販売も予定している。

 同法人は活動に賛同する会員を募集中。詳細は下記の連絡先へ。■NPO法人はちぷろ【電話】042・646・4500
 

鏡開きの様子
鏡開きの様子

はちぷろ

TEL:042-642-1542

http://www.mm2.work/hachi-pro/

八王子版のピックアップ(PR)最新6

過去40年来の最高値更新中

金相場

過去40年来の最高値更新中

「ご相談のみも大歓迎」

5月19日号

廃車ちょっと待って

廃車ちょっと待って

どんな古い車も2万円以上で買取

5月12日号

テレカ買取額6倍に

6月までの期間限定

テレカ買取額6倍に

50度300円、105度600円

5月12日号

「知的スポーツ」競馬の魅力を知る

5月29日 東京競馬場「初心者向けオンライン競馬教室」開催

「知的スポーツ」競馬の魅力を知る

5月5日号

南大沢駅前パオレ5階に5月2日、歯科医院が開院

南大沢駅前パオレ5階に5月2日、歯科医院が開院

 プレオープンの予約はHPから可能

4月21日号

手ぶらでタケノコ堀り

手ぶらでタケノコ堀り

4月24日から5月8日

4月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 5月5日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook