八王子版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

「女性医師が働き続けられる」病院づくりを進めている 桑江 千鶴子さん 町田市在住 67歳

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena

助け合い生み、「女性」守る

 ○…昨年6月、大船町に産婦人科クリニックを開院。長時間の業務が当たり前ともされる産婦人科の女性医師や看護師らが働きやすい環境を整えた。「一人ひとりが多種多様な仕事ができるようにすることでカバーし合える環境にしたんです。子どもが熱を出した、では、その人の代わりを私が務めますという風に」。結果、スタッフ一人ひとりの仕事のレベルがあがったと笑顔をみせる。

 ○…都立病院などで産婦人科医として勤務してきた。呼び出しを受ければ休みを返上して出産に立ち会う――。そんな環境のなか、出産育児を理由に仕事から離れていく同僚の女性医師らの姿を見て「産婦人科に出産育児の体験をもつスタッフがいなくなるのは大きな損失。患者さんに共感できる人が居なくなってしまうなんて」。以来、現状の見直しを学会へ提言するなど、女性医師の働き方改革に取り組んできた。

 ○…多忙のなか、息抜きとなっているのが読書だ。ただそのなかでも、弱い立場に立たされてきた女性の原点を探ろうと、縄文時代について記された書籍を愛読するなど、その強い探求心が顔をみせる。「様々な本を読むと、日本の女性は男性に頼り過ぎてきたんだなぁと感じます」。そこで思い出されるのが母の言葉。「男性と対等に働くためには手に職を持ちなさい」。それが医師を目指すきっかけにもなった。

 ○…もうすぐ、クリニック1周年を迎える。理念を追求し過ぎて経営に関して甘いところがあったと反省しつつ、次に目指したいとするのが母親による子どもの虐待防止。「傾向は妊娠中から分かるんです。女性が女性を助ける流れを生んでいきたい」。夫と子どもたちに支えられてきたから「今の私がある」。感謝の気持ちが、第一線に立ち続ける力となっている。

八王子版の人物風土記最新6

荒又 美陽さん

多摩ニュータウンの調査・研究にあたる市民グループの会長を務める

荒又 美陽さん

文京区在住 46歳

10月17日号

三浦 元(はじめ)さん

ワールド ヨーヨー コンテストで6連覇を達成した

三浦 元(はじめ)さん

大楽寺町在住 15歳(高1)

10月10日号

大野のどかさん

「つづく地図 はちおうじ」発行の呼びかけ人で、携わるメンバーのひとり

大野のどかさん

千人町在住 

10月3日号

竹下 正哲(まさのり)さん

拓殖大学教授で筑摩書房から新書「日本を救う未来の農業」を上梓した

竹下 正哲(まさのり)さん

打越町在住 48歳

9月26日号

黒部 睦(むつみ)さん

南多摩中等教育学校6年生で、少年少女国連大使としてSDGsの啓蒙活動を行う

黒部 睦(むつみ)さん

東大和市在住 18歳

9月19日号

富田 喜代志(きよし)さん

初の遺品展を開催した八王子市遺族会の会長を務める

富田 喜代志(きよし)さん

台町在住 78歳

9月12日号

津川 瑠衣さん

今夏開催されたインターハイの陸上競技女子400M障害で優勝した

津川 瑠衣さん

八王子高校3年

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク