八王子版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

子ども相談 聴き手が不足 八王子の団体 ボラを募集

社会

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena
説明をする羽田さん
説明をする羽田さん

 電話だけでなくサイトやSNSなど、悩んでいる子どもが相談する窓口は広がりつつある。その一方、相談相手となる「聴き手」(受け手)の不足が課題にあがっている。子ども電話相談の全国的な運動「チャイルドライン」を八王子で専門的に行うNPO法人チャイルドライン(寺町)も存続のため人材確保に必死だ。現在、ボランティアの募集に力を入れている。

一期一会の電話

 チャイルドラインの活動を行う団体は全国に70ある。対象は18歳までの子ども。全国共通のフリーダイヤル(【フリーダイヤル】0120・99・7777)で、空いている回線につながる仕組み。匿名で、秘密を守ることが条件。相談内容は「恋愛」や「勉強」、「進路」といった話題から「虐待」や「不登校」といった深刻なものまである。

アドバイスNG

 「今はネット社会だからリアルな人間関係が希薄化している気がする。だからこそ、直に声を聴くんです」と同法人理事の羽田礼子さんは説明する。子どもたちは話すことで漠然としていた悩みが、整理されていくという。「基本的にアドバイスはNGです。子どもと一緒に考えていくことで、内発的な心を育みたい」。同じ相手とまた話せるとは限らない。「だから1回1回の電話が一期一会。しっかり向き合えば子どもは自分から回復する力を持っている」

 市内で子どもに向き合う事業に携わる男性はこの活動について、「確かに最近の問題を抱えている子は『聞いてほしい』だけでアドバイスを求めない場合は多い。ただ本人は相談願望を持っているケースがほとんど」とし、「『聞いてくれる大人』は、まずは話して落ち着いて行動するために役立つ存在になるのでは」と評価した。また「中には家にも学校にも居場所のいない子もいます。そのような子にとって最後の砦になるかも」と話した。

出られるのは半数

 八王子チャイルドラインの受け持ちは水曜日の午後6時から9時までと、土曜日の午後4時から7時まで。「受話器を置いてすぐ鳴る」など、3時間の間はひっきりなしに電話がかかってくることが多い。2人で電話に対応し、電話を受けない「支え手」が必ず「受け手」に付き添う。「気持ちの負担をその場でフォローし、その日のうちに吐き出して楽になってもらうことが大切」と話す。

 発足から19年目。一昨年から昨年にかけては受け手不足で存続の危機だったという。

 「人手も回線も不足していて、着信率(電話に出られる割合)は全国的に50%ほどです」。約半数の電話を取り逃がしている状況だ。「1人でも多く、悩んでいる子からの電話に出てあげたい」という思いから、毎年この時期に講座を開いている。「指示しない、指導しない、傍聴する。それらで子どもを支援します。とてもやりがいのある仕事。一緒に受け手をしませんか」と羽田さんは呼び掛ける。
 

八王子版のトップニュース最新6

高尾トレランに「待った」

市内小林さんら

高尾トレランに「待った」 社会

マナー向上呼びかけ

1月23日号

シェアサイクル導入検討

八王子市

シェアサイクル導入検討 社会

4月から実証実験

1月23日号

物流拠点づくりスタート

物流拠点づくりスタート 経済

川口地区 丘陵地172ha

1月16日号

食育PVを制作

子育て応援企業

食育PVを制作 教育

食の現場、工程知って

1月16日号

「東京のそば」誕生

「東京のそば」誕生 社会

2月下旬から八王子でも

1月9日号

市内3社が受賞

多摩ブルー・グリーン賞

市内3社が受賞 経済

3D、海外人材、植木の里親

1月9日号

「不死身の樹木」140年

南大沢八幡神社

「不死身の樹木」140年 社会

火災から復活 拠り所に

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク