八王子版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

荒井呉服店 冬の振袖展‐新春 初音の会 4日から 振袖300点を展示 2021、22年に成人の人へ

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
染め着物と織りの帯をまとい、縁起の良い「宝尽くし柄」の振袖を案内する荒井社長
染め着物と織りの帯をまとい、縁起の良い「宝尽くし柄」の振袖を案内する荒井社長

古典柄 新作中心11日まで

 2021年、2022年にご成人式をお迎えになるお嬢様へ--。大正元年創業の老舗「荒井呉服店」(横山町に仮店舗)は1月4日(土)から11日(土)まで振袖300点を揃える「冬の振袖展‐新春 初音の会」を開催する。

 「時間が経っても飽きのこない、伝統的な古典柄の着物が中心です。その数と品質は八王子、多摩地域で一番と自信があります」。荒井哉子(かなこ)社長は笑顔で話す。

全国から選りすぐり

 期間中、2階展示場には京都をはじめ全国の産地から選りすぐった振袖を新作中心に展示。帯はもちろん、刺繍半襟や草履、バッグなどの小物も充実し、トータルで「お気に入り」を検討することができる。108年の歴史で培った知識とノウハウで、「一から全て、お支度はお任せください。心を込めてお手伝いさせていだきます」。なお「母親が着ていた振袖を」(持ち込み)と考えている人には無料で相談にのってくれるそう。「お誂(あつら)えいただくだけでなく、レンタル、持ち込みも対応しております」

自分の着物を持つこと

 改めて自分の着物を持つことについて荒井社長は「体に合うものになるので、美しく着ることができます」と説明する。「将来的には『直す』ことで代々継いでいけます」とも。

 ちなみに荒井社長が着ている黒い着物=下写真=は祖母のお下がりだそう。

来店は予約を

 大正時代からあった八日町の店舗は現在建て替え工事中。来年には新しい姿をみせる。「お客様にゆっくりじっくりお振袖をお選び頂けるよう、来店の際は事前の予約をお願いしております。お客様にはお手数をお掛け致しますが、その分しっかりと対応させて頂きます。下見をして頂くことも可能です。遠慮なくご相談ください」

※12・13日は成人式準備・当日の為臨時休業

店舗2階の展示場
店舗2階の展示場
横山町の仮店舗前に立つ荒井社長。黒い着物は結城紬(ゆうきつむぎ)
横山町の仮店舗前に立つ荒井社長。黒い着物は結城紬(ゆうきつむぎ)

荒井呉服店

八王子市八日町9-8/【仮店舗】横山町19-8

TEL:042-625-5291

https://www.araigohukuten.co.jp/

八王子版のピックアップ(PR)最新6

自宅不動産が最も揉める

自宅不動産が最も揉める

「誰に」「残す」明確に

5月26日号

過去40年来の最高値更新中

金相場

過去40年来の最高値更新中

「ご相談のみも大歓迎」

5月19日号

廃車ちょっと待って

廃車ちょっと待って

どんな古い車も2万円以上で買取

5月12日号

テレカ買取額6倍に

6月までの期間限定

テレカ買取額6倍に

50度300円、105度600円

5月12日号

「知的スポーツ」競馬の魅力を知る

5月29日 東京競馬場「初心者向けオンライン競馬教室」開催

「知的スポーツ」競馬の魅力を知る

5月5日号

手ぶらでタケノコ堀り

手ぶらでタケノコ堀り

4月24日から5月8日

4月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook