八王子版 掲載号:2021年4月29日号 エリアトップへ

第20回アシテジ(国際児童青少年舞台芸術協会)世界大会の実行委員長を務めた 森田 勝也さん 松木在住 75歳

掲載号:2021年4月29日号

  • LINE
  • hatena

演劇が育む想像力伝え

 ○…「何はともあれ、やり終えてほっとした」と、安どの表情を浮かべる。本格的な準備に取り掛かり丸2年。開催が決まったときは希望に胸を膨らませた。だが、コロナ禍で一変。3000人を予定していた海外の来場者の来日も中止に。それでも「どんな形でもやるしかない」と決心は固かった。「子どもの成長に文化芸術が重要だという認識が甘い。開催で基盤は築けたのでは」と手応えを感じている。

 ○…生まれは札幌。大学まで故郷で暮らした。彫刻家を志すが「個に集中するタイプではない」と、上京して小学校の教員に。たまたま演劇クラブを受け持った。いい本がない、と自ら脚本を手掛けるようになると、児童の個性を生かしたい気持ちが芽生える。「どんな子でも表現したいことがあるのが本当。それをすくえるのが演劇だな」と気が付いた。演劇部の顧問になるため中学校の教員免許を取り、教員や劇団俳優らで構成される(公社)日本児童青少年演劇協会に入会。現在は3代目会長を務めている。

 ○…妻と二人暮らし。創作活動する妻を応援しながら、美味しい珈琲を入れるのが日課。演劇の世界大会もあり、フランス、ノルウェー、ベトナムなど海外旅行が趣味。お気に入りは東南アジア。「だらっとした緩い雰囲気が好きなんだよね」とにやり。コロナが落ち着いたら、息子がいる香港へも行く予定だ。

 ○…「『今のセリフはどんな気持ちで言ってるのか』と、他人を想像する力が豊かなコミュニケーションを生む」。だからこそ、子どもたちに演劇に触れてほしいという。動画という手法もあるが、やはり演劇は「ライブ」。「コロナ禍に対応する新たな芝居を、演劇界は踏み出さなければいけない」と、決意を新たにする。

八王子版の人物風土記最新6

志茂 崇弘さん

ギター、ウクレレ職人で来月、初めて作品の写真集を刊行する

志茂 崇弘さん

鑓水在住 63歳

9月16日号

城所 幸子さん

今年30周年を迎える宇津貫みどりの会の会長を務める

城所 幸子さん

兵衛在住 71歳

9月9日号

中嶋 廣一さん

今年で70周年を迎える八王子防火防災協会の会長になった

中嶋 廣一さん

元本郷町在住 73歳

9月2日号

米倉 かおりさん

八王子音楽祭の企画プロデューサーを務める

米倉 かおりさん

初沢町在住 31歳

8月26日号

中村 正晴さん

公益社団法人八王子法人会青年部会部会長に就任した

中村 正晴さん

子安町在住 50歳

8月19日号

Sayakaさん

プロバスケ「東京八王子ビートレインズ」によるチアリーダーのディレクターを務める

Sayakaさん

千葉県松戸市在住

8月12日号

Tシャツデザイン画100選

第19回「Tシャツデザイン画」100選入選者、入賞者の発表

https://hachioji.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook