多摩版 掲載号:2015年8月27日号 エリアトップへ

地域防災のカギは「ふれあい」 「聖ヶ丘1丁目アパート自治会」の取り組み

社会

掲載号:2015年8月27日号

  • LINE
  • hatena

 いつ起こっても不思議ではないと言われている首都直下型地震。2011年に発生した東日本大震災では地域住民による自助・共助の取り組みが大きな力を発揮し、注目を集めた。そうした中、東京都では、共助の仕組みづくりとして「防災隣組」の事業を推進しており、意欲的な防災活動を行う団体を「東京防災隣組」として認定。多摩市内ではこれまでに4団体が認定を受けている。

 そのひとつが「都営聖ヶ丘1丁目アパート自治会自主防災組織」(田村清太郎本部長)だ。1988年に完成、入居が開始された都営聖ヶ丘1丁目アパートは15棟から成り、全280世帯1200人が居住している。入居開始と共に自治会が創設され、1998年に自主防災組織が立ち上げられた。

見守りパトロール

 主な取り組みは、平日午後9時から約1時間ほどほぼ毎日防災防犯を兼ねた「見守りパトロール」を実施する他、毎年行っている近隣自治会との合同防災訓練、初期消火や要援護者救護訓練、応急救護等の普及活動など。中でも特長的なのは、独自の要援護者リストの作成。このリストは、自治会住民に協力を呼びかけ、各世帯の家族構成や、障害・病気の有無等を記載。年に1度更新を行っているという。

リストが奏功

 「東日本大震災の時は1時間弱で全要援護者の安否確認ができました」。そう話すのは、同自主防災組織の田村藤子さん。常日頃からの取り組みが奏功した例だ。地震発生後すぐにリストとマイクを持って外から呼びかけを行った。窓から返事をする人、インターホン越しに返事をする人。そうして全員の安否確認が取れたという。輪番停電の話が出た時もアパートの集会室で要援護者を集めて食事をするなどといった計画も立てた。

 「常日頃から近隣とのコミュニケーション、ふれあいができているからこそできたこと。安心してここで健康に暮らしてもらいたいと思って、日々自治会活動をやってきた。そうした下支えが防災にも繋がるので」と田村さんは話す。時代の流れと共に近隣とのコミュニケーションが希薄化する昨今。そうした繋がりが、いざという時の支えになっている。

多摩版のローカルニュース最新6

医療従事者へ「贈り物 」

多摩市

医療従事者へ「贈り物 」 社会

「コロナと奮闘」に感謝

4月15日号

絵画コンテストを開催

ヴェルディ

絵画コンテストを開催 社会

小学生以下を対象

4月15日号

ミステリを刊行

聖ヶ丘安藤さん

ミステリを刊行 文化

定年退職後デビュー 3作目

4月15日号

「桜の街」周知し、魅力向上狙う

多摩商工会議所

「桜の街」周知し、魅力向上狙う 社会

08年からプロジェクト

4月15日号

「朗読まつり」オンラインで

「朗読まつり」オンラインで 文化

高尾の桜も 市民団体が企画

4月15日号

25日、映画上映会

愛宕コミュニティセンター

25日、映画上映会 文化

「阪急電車・片道15分の奇跡」

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter