多摩版 掲載号:2015年8月27日号 エリアトップへ

多摩GLC 「みどりの拠点」25周年 「集い・憩い・学び」の場に

文化

掲載号:2015年8月27日号

  • LINE
  • hatena
官・学・民の3者で運営するGLC
官・学・民の3者で運営するGLC

 多摩中央公園内にある多摩市立グリーンライブセンター(GLC、落合2の35)。「みどり豊かで快適なまちづくり」をめざし、都市の緑化を推進していくための”みどりの拠点”として1990年に開設され、今年で25周年を迎える。同センターでは、9月を記念月間として、様々な体験型のイベントを企画。「ぜひ遊びにきてほしい」と呼びかけている。

 緑豊かな多摩市の中で、その拠点として親しまれてきた多摩市立グリーンライブセンター。季節の花が咲く「グリーンライブガーデン」や、やわらかな光あふれる温室「ピラミッドギャラリー」、木目調の明るいホール「ライブホール」などで構成されている。これまでに緑化に関する講習会などの開催や、各植物の展示の他、「この植物の名前は?」「植物が病気になってしまったがどうしたらいいか」といった市民からの緑に関する質問、相談などに応える業務を行ってきた。

 2011年4月から市単独の運営から、多摩市、恵泉女学園大学(南野)、多摩市グリーンボランティア連絡会の3者による協働で運営が行われている。市民からの相談件数は2014年度は年間で約1600件と、年々その数は増えており、市民の緑の拠り所にもなっているという。「3者協働で活動を始めて5年目。市だけで運営してきた時よりも、アイデアを含めて個々の事業では発展的なものができてきた。来る方たちは”みどりの拠点”として期待して訪れる。いろんな目的で来られるので、何のために来られたかを把握し、常にそれに応えられるような運営を心がけていきたい」と同施設の伊藤英行さんは話す。

「なくてはならない存在に」

 開設25周年を迎えた今年、9月を記念月間と位置付け「木製家具のメンテナンス講座」「スロープボーダー公開ツアー」「大きな樹を巡る」「コミュニティ花壇の事例紹介講演会」など、緑に関する様々なイベントを企画し、参加者を募集している=表参照。

 恵泉女学園大学の長谷川陽子さんは「施設のコンセプトは『集い、憩い、学び』。これを強化し、本当の意味でそうなるように、多摩市になくてはならない”みどりの拠点”になっていけるようにやっていきたい」と今後の抱負を語る。伊藤さんは「多摩市は緑が多く、生活の便も良い。幅広い層の方に利用してもらえるよう、緑の楽しみ方、人材も活かせるようなイベント、講座を企画していきたい」と今後に意欲を見せる。
 

多摩版のトップニュース最新6

市内の民生委員不足 深刻

市内の民生委員不足 深刻 社会

対策急ぐも 12月に定年者

5月12日号

競技親しむ場生み、50年

多摩サッカー協会

競技親しむ場生み、50年 スポーツ

子どもから高齢者に機会

5月12日号

公共施設に給水スポット

公共施設に給水スポット 社会

4月から 市「マイボトルを」

4月28日号

商店街のデジタル化支援

東京都

商店街のデジタル化支援 経済

上限1千万円 10分の9補助

4月28日号

多摩NTに「新たな活気」

多摩NTに「新たな活気」 社会

交流拠点 人集まる場所へ

4月14日号

阿部氏が「一騎打ち」制す

多摩市長選

阿部氏が「一騎打ち」制す 政治

8842票差 4期目へ

4月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook