多摩版 掲載号:2015年8月27日号 エリアトップへ

東北復興支援少年野球大会を開催した一般社団法人LCSの理事長を務める 小泉 良司さん 永山在住 53歳

掲載号:2015年8月27日号

  • LINE
  • hatena

「地域に必要とされる存在に」

 ○…8月14日から22日まで行われた東北復興支援少年野球大会。小中学生20チーム400人が参加した大会を主催した。「レベルの高い試合を見せてくれた。子どもたちにはいい機会になったのでは」と笑顔を見せる。毎年、大会中期間中となる8月15日正午には黙祷も捧げている。「東北の復興も、終戦の日であることも、野球を通じて子どもたちに大事なことを伝えていく機会になれば」と語る。

 ○…調布出身で、30年程前、多摩市に転居してきた。コンサルティング会社に勤務した後、独立。少年野球チームに保護者として携わり、少年野球連盟の要職にも就いた。そこで行政や議会に球場利用や施設改修などの陳情を行うも前に進まないもどかしさを感じ「民意としてできることはないか」と思案、5年前に法人を設立。「地域の代弁者として相談事や困り事を行政などに伝えていく存在になれれば」と活動を始めた。

 ○…地域向けのイベントとして「自転車安全運転講習会」や、「指導者のための食育講習会」も開催し、その根は広がり始めた。そこで必ず子どもたちに伝えていることがある。それは「感謝の気持ち」だ。綺麗なユニフォームやおいしい食事。日々生活する中で、それが当たり前ではないことを説く。すべての言動に「人として」という言葉をつけ、正しいかを考えてもらう。「大切なのは対話。時間をかけるとヤンチャな子もわかってくれるんです」と教育者の眼差しで語る。

 ○…急速な勢いで高齢化が進む多摩市。高齢者に優しいまちづくりを行おうと、現在、医療連携協議会の発足に向け各方面へ働きかけを行う。同時にいくつかのまちおこし事業も検討している。「都内No.1になれるポテンシャルがある街。行政、市民も一緒になって協働できるものを考えていきたい」と夢を膨らませる。「地域から必要とされる存在になりたいですね」。これからも地域のために、人のために汗を流していく。
 

多摩版の人物風土記最新6

安藤 正紀さん(ペンネーム:安藤公章)

一般企業を定年退職後、小説家に転身した

安藤 正紀さん(ペンネーム:安藤公章)

聖ヶ丘在住 74歳

4月15日号

福田 将宏さん

地域の盛り上げ役となるべく立ちあがった「移動商店街」の代表を務める

福田 将宏さん

豊ヶ丘在住 35歳

4月1日号

山川 勇一郎さん

農業と太陽光発電事業を両立する「ソーラーシェアリング」に挑む

山川 勇一郎さん

桜ヶ丘在住 45歳

3月18日号

堀内 文翔さん

「集客アプリ」を開発。市内飲食店に広める

堀内 文翔さん

鶴牧在住 14歳

3月4日号

黒澤 菜穂子さん

昨年末、多摩市選挙管理委員会の委員長に再任した

黒澤 菜穂子さん

桜が丘在住 64歳

2月18日号

小林 攻洋さん

「けぇどの会所」「けぇどの長屋」のオーナーを務める

小林 攻洋さん

関戸在住 79歳

2月4日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter