多摩版 掲載号:2015年10月8日号 エリアトップへ

「勇気ある経営大賞」の優秀賞を受賞した(株)CSS技術開発の代表取締役を務める 高城 雄三さん 落合在住 64歳

掲載号:2015年10月8日号

  • LINE
  • hatena

工事測量「日本一」の会社に

 ○…「これまでの苦労が報われた」。受賞の一報が届いた際、その思いが胸に去来した。30年前に裸一貫で立ち上げた測量会社。今では、従業員70人を抱え、工事測量の分野で業界をリードするまでに成長したが、決して順調な歩みではなかった。経営危機に陥ることもある中で、その都度、社員一丸となって乗り越えてきた。「名誉ある賞をいただき今後の励みになる。工事測量日本一の会社をめざし、今後も努力していきたい」と抱負を語る。

 ○…香川県出身。「わんぱくで活発なガキ大将だった」という少年時代。実家が園芸場を営んでおり、休みの日に家業を手伝うのが日課だった。学校を卒業した後、上京。アルバイトをしながら、社交ダンスを習った。そこで知り合ったダンスの先生に「植木屋になりたい」と相談したところ、紹介されたのが造園の会社だった。それから測量の仕事を覚え、いかに早く、正確に測量計算するかを思案し、専用ソフトを開発。そのソフトを手に独立した。

 ○…これまでに手掛けてきた現場は、市内の公園、道路や、皇居東御苑・外苑、東京ミッドタウンなど、身近なところから国内を代表する建造物まで多岐にわたる。「この仕事は形に残る。自分が携わったものを家族にも見せられるし、みんなが喜んでくれる姿を見るのが喜びですね」。そう測量の仕事の魅力を語る。

 ○…年内で経営の一線から退き、会長に就任する予定だ。今後はより良い社内環境の構築や、ソフトの発明や開発の指導を行い「他の会社にできないことをやる」会社にしていきたいという。同時に、奥さんとの旅行も企画したいと話す。「趣味が仕事みたいなものだったから。びっくりさせたいですし、喜ばせたいですね」と愛妻家の一面も。これからの人生は「思案中」としながらも「時間ができたら健康で楽しく、ゆったりとした生活をできるように考えていきたい」と笑顔で話してくれた。

多摩版の人物風土記最新6

御山(みやま) 幸枝さん

2月22日(土)に開催される「アースビジョン多摩」の実行委員で司会を務める

御山(みやま) 幸枝さん

新宿区在住 39歳

2月6日号

大島 淳さん

1月1日付で「多摩青年会議所(多摩JC)」の第47代理事長に就任した

大島 淳さん

豊ヶ丘在住 36歳

1月23日号

佐々木 健大さん

多摩市成人式実行委員会の委員長を務める

佐々木 健大さん

連光寺在住 20歳

1月9日号

田村 直也さん

Jリーグ・東京ヴェルディで現役を引退し、セカンドキャリアを歩み出した

田村 直也さん

多摩市出身 35歳

1月1日号

塩田 明美さん

「多摩中学校地域学校協働本部」の代表を務める

塩田 明美さん

関戸在住 

12月12日号

槇野 稔さん

多摩消防署の署長に就任した

槇野 稔さん

市内在勤 54歳

11月28日号

西田 淳也さん

「東京たま桜」の連長を務める

西田 淳也さん

市内在勤 47歳

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

映画で「自然と共生」考える

映画で「自然と共生」考える

2月22日 パルテノンで

2月22日~2月22日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月6日号

お問い合わせ

外部リンク