多摩版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

10月1日付で多摩市教育委員会の新教育長に就任した 清水 哲也さん 小金井市在住 58歳

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena

「学び続ける」人情家

 ○…「権限が重くなると同時に責任も重くなるので身が引き締まる思い」。新教育長就任にあたり、現在の心境をそう語る。地方教育法の改正によって、教育委員長と教育長が一本化され、改編された市教委。その代表者であり責任者として、教育行政を牽引していく。「多摩市の教育行政をどう担えるか。市長とも連携を取りながら、課題に積極的に取り組んでいきたい」と意気込みを語る。

 ○…その課題のひとつに基礎学力の定着を挙げる。基礎学力が身についていない児童には、タブレット端末で、民間企業と共同で開発したドリルのアプリケーションを使い補修を行う事業に取り組む。一方で、6年前から「2050年の大人づくり」をテーマに取り組む「ESD」(持続可能な社会の担い手づくり)については「この間で理解が深まり、考えて、行動する力が子どもたちの身についてきている」と評価する。今後5年を発展期と位置付け「子ども未来会議」を設置するなどの取り組みを推進する方針だ。

 ○…小金井市の出身。大学卒業後、新宿区の小学校に教諭に。その後都内でいくつか転任し、10年前に多摩市教委で指導室長を4年間務めた。その際、初めての公務で訪問した多摩第一小に飾ってあった写真に若かりし頃の父親の姿を見つけた。他界した父親が同じ街で教員をしていたことを知らなかった。「反目していた時期があってね。今ではここで教育長をやることになったので嬉しい。父が導いてくれたのかもしれないですね」と笑顔を見せる。

 ○…毎朝4時半に起床し、愛犬の散歩をするのが日課。TVなどで子どもたちの頑張る姿を見てすぐ涙をこぼしてしまう性格だとか。「長として決断を鈍らせるので涙もろいのはねえ」と苦笑い。「学び続けること」を信条とし、出会い、礼儀を大切にする人情家の新教育長は「生涯、学習して、自分も成長していきたい」と今後の抱負を語った。

多摩版の人物風土記最新6

越村 有貴さん

10月に中国で開催されるミニゴルフ世界選手権大会の日本代表に選ばれた

越村 有貴さん

中沢在住 

7月11日号

青木 智子さん

「日野・多摩・稲城地区保護司会」の副会長で多摩分区長を務める

青木 智子さん

聖ヶ丘在住 71歳

6月27日号

飯島 聖士さん

聖蹟桜ヶ丘の「中央商店会」の会長に就任した

飯島 聖士さん

関戸在住 52歳

6月13日号

藤原 正範さん

多摩市議会の新議長に就任した

藤原 正範さん

桜ヶ丘在住 60歳

5月30日号

石原 静さん

4月に東京都行政書士会府中支部の支部長に再任した

石原 静さん

諏訪在住 

5月16日号

高瀨 聖子さん

「一般社団法人国連平和の鐘を守る会」の代表を務める

高瀨 聖子さん

中沢在住 71歳

5月1日号

高橋 賢さん

「インクルスポーツクラブ多摩」のメンバーで、多摩コミュニティビジネス交流会を主宰する

高橋 賢さん

市内在勤 49歳

4月18日号

あっとほーむデスク

  • 7月11日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

たばこの煙はなぜ怖い?

たばこの煙はなぜ怖い?

「受動喫煙防止」シンポジウム

8月3日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク