多摩版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

新教育長に清水哲也氏 市教委改編 委員長・教育長を一本化

教育

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena

 多摩市教育委員会は10月1日から、今年4月1日に施行、改正された地方教育法に基づき、教育委員会の体制を改編。「新」教育長に清水哲也氏(=人物風土記で紹介)が就任した。

全国的に

 これまでの教育委員会は、合議制組織である教育委員会の主宰者で代表者でもある教育委員長(非常勤)と、事務執行の責任者で事務局の指揮監督者である教育長が併存していたことから、「責任者が誰なのか分からない」といった声があがっていた。加えて、2011年に滋賀県大津市で起きたいじめ自殺問題で対応が後手に回ったことなどを受けて、迅速な対応への体制強化が求められていた。そうした背景から、「教育委員長と教育長の一本化」「いじめなどの問題に対しての迅速な危機管理体制の構築」「教育長へのチェック機能の強化と会議の透明性」の他、首長が教育行政に果たす責任や役割を明確にし、首長と教育委員会が教育政策の方向性を共有、一致して施行にあたることを目的とした「『総合教育会議』の設置」といった点が法改正され、4月1日に施行された。

教育長の権限増

 改正を受けて多摩市では、教育長らの任期が9月30日までだったことから、10月1日付で改編。これまで事務方の責任者として教育長を務めていた清水哲也氏が阿部裕行市長から「新」教育長に任命された。これにより、清水氏が教育委員会の代表・責任者となり、教育行政を司ると同時に事務方の指揮・監督者も兼務していく。教育委員のメンバーはこれまでと変わらず4人のままだが、多摩市独自の制度として代表教育委員兼教育長職務代理者を設置。4人の委員から選任され、会議の議事進行や教育長不在時等に、関係行事等への出席などを担っていく。この代表委員には中澤敬氏が就任。

 また「総合教育会議」は今年4月以降先駆けて設けており、すでに市長、委員らと意見交換が行われたという。

 新教育長に就任した清水氏は「権限が重くなると同時に責任感も重くなるので身が引き締まる思い。委員の方々、市長に支えてもらいながら教育行政を進めていきたい」と抱負を語った。

多摩版のローカルニュース最新6

選手輩出へ始動

選手輩出へ始動 スポーツ

多摩市ダンススポーツ連盟

7月11日号

「生ごみ減量」情報交換を

「生ごみ減量」情報交換を 社会

ベルブで「サロン」開設

7月11日号

来年4月に認可保育所新設

来年4月に認可保育所新設 社会

聖蹟桜ヶ丘駅近くに2園

7月11日号

聖蹟駅前に並ぶ1千鉢の大輪

聖蹟駅前に並ぶ1千鉢の大輪 文化

「あさがお市」今年も盛況

7月11日号

合唱とバレエが初共演

合唱とバレエが初共演 文化

ファミリーシンガーズ演奏会

7月11日号

「明るい社会へ」街頭で啓発

「明るい社会へ」街頭で啓発 社会

市内3駅で 延べ287人参加

7月11日号

初の実証実験「乗りやすかった」

初の実証実験「乗りやすかった」 社会

電動キックボード 多摩中央公園で

7月11日号

あっとほーむデスク

  • 7月11日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

たばこの煙はなぜ怖い?

たばこの煙はなぜ怖い?

「受動喫煙防止」シンポジウム

8月3日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク