多摩版 掲載号:2015年11月5日号 エリアトップへ

被爆2世アオギリを植樹 阿部市長らが中央公園で

社会

掲載号:2015年11月5日号

  • LINE
  • hatena
広島派遣事業で現地を訪れた子どもたちと阿部市長らで植樹を行った
広島派遣事業で現地を訪れた子どもたちと阿部市長らで植樹を行った

 多摩市は11月1日、「非核平和都市宣言記念植樹式」を多摩中央公園で行い、阿部裕行多摩市長らが広島市から寄贈された被爆2世のアオギリを植樹した。

 多摩市では、2011年に「非核平和都市宣言」を行い、2度と戦争の災禍が人々を不幸にしないよう戦争の記憶を次世代へ受け継ぎ、伝えることを目的に2013年から「子ども広島派遣事業」を実施している。

 今年戦後70年を迎え、爆心地の近くにあった広島逓信局の中庭で熱線と爆風に曝されながらも生き抜いた木の種から育てられた被爆2世のアオギリが寄贈されることに。そしてこの苗を平和のシンボルツリーとして、戦争の記憶を多くの人に伝え、育てていこうと多くの人が利用する多摩中央公園に植樹した。

 式典には、阿部市長や多摩市被爆者の会「やまばと会」、今年広島派遣事業で現地を訪問した子どもたち7人が出席。多摩グリーンロタキッドクラブによる「アオギリのうた」の合唱も行われた。阿部市長は「被爆者の方々の思い、広島へ行った子どもたちの平和への思いがこの植樹で結ばれた。これが新たなスタート。核、戦争のない世界にしていきたい」と話していた。

多摩グリーンロタキッドクラブが「アオギリのうた」を披露
多摩グリーンロタキッドクラブが「アオギリのうた」を披露

多摩版のローカルニュース最新6

市内児童に感謝状

市内児童に感謝状 社会

高齢者を助ける

9月9日号

たましん美術館招待券プレゼント

児童虐待防止に「提言」書籍

超党派の若手議員

児童虐待防止に「提言」書籍 社会

9月9日号

「あの大きな施設は何――?」

「あの大きな施設は何――?」 社会

多摩NT通りから 「薬草」で話題

9月9日号

がんばる女性を応援

がんばる女性を応援 社会

大久保 聡子さん

9月9日号

「補助犬」育成資金 募る

「補助犬」育成資金 募る 社会

クラファン 9月29日まで

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月9日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook