多摩版 掲載号:2015年11月5日号 エリアトップへ

災害ボラセンの設置・運営訓練 社協「いざに備えて、準備を」

社会

掲載号:2015年11月5日号

  • LINE
  • hatena
緊迫した雰囲気の中で実施
緊迫した雰囲気の中で実施

 社会福祉法人多摩市社会福祉協議会(伊藤雅子会長、以下社協)は10月24日、災害ボランティアセンターの設置・運営訓練を総合福祉センターで行った。

 東日本大震災でも注目を集めた災害ボランティアセンターは、災害発生時に被災地の支援ニーズの把握・整理を行うと同時に、支援活動を希望する個人や団体の受入調整やマッチング活動を行うことを目的に臨時で設置される機関。多摩市では、地域防災計画の中で災害発生時に多摩市災害ボランティアセンターの設置が計画されており、協定を結ぶ社協と協力して設置・運営にあたる。

「繰り返し訓練必要」

 今回の訓練には、社協職員、関係機関・団体の75人が参加。災害が発生したことを想定し、災害ボラセンの立ち上げを含む初日、2日目の運営の流れの確認が行われた。総務班、ボランティア受付班、マッチング班など7つの班を設け、ボランティア登録、被災者からの必要な支援情報の収集、被災地の巡回、資器材の確認など、本番さながらの緊迫した雰囲気の中で行われた。訓練の合間には、国士舘大学による災害時の救護の講座も開かれ、傘やガムテープを使った処置の仕方などを学んだ。

 またこの日は、災害対応の視察で来日中のインドネシア社会省の長官らも見学に訪れ、災害ボラセンの運営方法を熱心に見守り、社協職員らに質問していた。

 社協では「各班の場所の設定や連携の取り方、動線の確保などまだまだ課題があり、繰り返しの訓練が必要。災害ボラセンの存在を知ってもらうと同時にスタッフを増やすことも課題。今後もいざという時に対応できるよう準備していきたい」と訓練を振り返った。

インドネシアからの視察も
インドネシアからの視察も

多摩版のローカルニュース最新6

体育の日、ボールで遊ぼう

体育の日、ボールで遊ぼう 文化

家族で楽しめるイベント

10月3日号

市民電力を考える

市民電力を考える 社会

10月19日 トーク&ライブ

10月3日号

「自分の身は自分で守る」

「自分の身は自分で守る」 社会

全国交通安全運動 市内でも

10月3日号

法改正で相続どうなる?

法改正で相続どうなる? 社会

唐木田駅前郵便局「終活セミナー」

10月3日号

小多機の利用法学ぶ

小多機の利用法学ぶ 社会

西永山の「こもれび」で

10月3日号

「聖蹟桜ヶ丘は心のふるさと」

「聖蹟桜ヶ丘は心のふるさと」 文化

ハートフルコンサート 今年も大盛況

10月3日号

2日間大盛況 これぞ「永山魂」

2日間大盛況 これぞ「永山魂」 文化

「永フェス」100超える団体参加

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 9月5日0:00更新

  • 8月22日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

全国の職人が集結

全国の職人が集結

自分だけの宝物を「くらふとフェア」

10月13日~10月14日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【8】 11/24〜1/5 岩手県釜石市〜東京都多摩市

    1月12日号

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【7】 10/28〜11/24 青森県八戸市〜岩手県釜石市

    12月1日号

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【6】 9/29〜10/28 北海道稚内市〜青森県八戸市

    11月3日号

多摩版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月3日号

お問い合わせ

外部リンク