多摩版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

”健幸”づくりへの取り組み【7】 「見守りサービス」を電話で 語らいでがん患者や家族の「心のケア」

社会

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena

 母親たちの再就職、起業、キャリア支援や人材活用、リサーチ業務などを行い、全国で10万人の会員を持つ「(株)キャリア・マム」(落合、堤香苗代表取締役)。同社では、昨年度から地域密着型見守りコミュニケーションサービス「みーてる」の事業展開を視野に、現在取り組みを進めている。

 この「みーてる」は、超高齢化時代を迎え、高齢者の孤立防止対策として、単身高齢者等の自宅へ定期的に電話コールを行うことによって安否・健康状態の確認等を行うサービス。見守りだけでなく、電話をする側としてのシニア層の新規雇用にもつなげることも狙いとしている。

 同社は、まだ準備期間としながらも「一定のニーズはある。見守りと、高齢者や主婦の方たちの雇用の面でのモデルケースとなれば。こうして地域の方々が仕事をできる機会が増えることで、市の活性化につながれば」と話している。

-・-・-・-・-・-

 がん患者やその家族が定期的に集まり、病気やこれからのこと、家族や日常生活の話などを語り合う。そうした語らいの場となっているのが「多摩がん哲学外来カフェ」(大木貞嗣代表)だ。

 恵泉多摩がん哲学外来カフェ、恵泉女学園大学の共催で2011年から毎月第2土曜日、パルテノン多摩の近くにある市立グリーンライブセンターで開催している。

 スタッフは全員ボランティア。医学的アドバイスを行うのではなく、がん患者やその家族が病院にかかる以前の段階での「心のケア」を第一に、対話をする場所として、毎回多くの人たちが参加している。「今後の計画は決まっていない。時代の流れとともにやっていくだけ。これまでも良い雰囲気の中でやっている。『話すことで悩みがすっきりした』という方もいる。このまま続けていきたい」と大木代表は話す。

多摩版のローカルニュース最新6

市がコールセンター開設

市がコールセンター開設 社会

コロナ関連で専用ダイヤル

5月28日号

市内「通いの場MAP」完成

市内「通いの場MAP」完成 社会

市社協が製作 サロンを紹介

5月28日号

「I CAN」のバラ咲く

「I CAN」のバラ咲く 社会

 GLC(グリーンライブセンター)で核廃絶の思い重ね

5月28日号

フェイスシールドを寄贈

フェイスシールドを寄贈 社会

多摩JC、多摩RCが市らに

5月28日号

リモートで合唱に挑戦

リモートで合唱に挑戦 文化

「ファミリーシンガーズ」動画を公開

5月28日号

持続化給付金 多摩に申請サポート会場

【Web限定記事】

持続化給付金 多摩に申請サポート会場 経済

予約制で申請を補助

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 2月20日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク