多摩版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

南鶴牧G(グリーン)ネット 「芝生」維持管理に感謝状 環境整備支援、都教委から

教育

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena

 市立南鶴牧小学校、同校児童の保護者、地域の人たちで構成された「南鶴牧小学校グリーンネットワーク委員会」(吉瀬正夫委員長)に11月7日、東京都教育委員会から感謝状が贈られた。都教委では毎年、長期間にわたって学校活動等の支援を続けている団体・個人に感謝状を贈呈。同委員会は7年前から都内最大規模の芝生を持つ同校校庭の維持・管理を行っていることから、その功績が認められた。

 都教委は、毎年11月の第1土曜日に「東京都教育の日」記念行事を開催。その中で、長期間にわたり教育、環境整備、学校安全、地域における育成の各部門で学校活動等の支援を続けている団体・個人に感謝状の贈呈を行っている。

 1982年開校の南鶴牧小学校は、校庭が粘土質で水はけが悪く、降雨後は数日使えないことが多かったことを受けて、保護者から改善の要望が出ていた。そこで2008年に東京都の協力を得て、芝生化に着手。校庭7千平方メートルのうち、5千平方メートルを芝生化した。

 今回、都教委から環境整備支援部門で感謝状が贈られた同委員会は2008年、校庭の芝生化と同時に、保護者、校庭を使用している地域のサッカーチームや野球チームなどで発足。以来、芝生の維持・管理の中心的役割を担い、当番制で毎週土曜、午前中の1時間に木々の枝葉や石拾い、芝刈り、施肥、補修等のメンテナンスを行っている。アルミ缶や家電回収等の収益で肥料や機材の費用に充てる他、新聞の発行や、ブログで活動記録を発信するなどの活動も行っている。

 これまですべてが順調だったわけではなく、芝生がうまく育たない時期もあった。そうした時も、業者の指導を仰ぎながら学校、地域が力を結集して乗り越えてきた。また教育面でも、子どもたちの体力向上、怪我の防止、環境面での効果も出ているという。

芝生で「つながり」

 「地域で支え合いながら育ててきた。卒業生、その保護者の方たちも『自分たちの芝生』という意識を持ってくれている。お陰様で今年の芝はこれまでで一番良い状態。一つの組織として表彰されたことは嬉しい」と吉瀬委員長は笑顔で話す。同校の吉田正行校長は「芝生の維持・管理は手間がかかる。皆さんの協力があってこそ。芝生を通じて地域のつながりができて嬉しい。良い方向で進んできているので、これを維持していけるように取り組んでいきたい」と話している。

多摩版のトップニュース最新6

競泳全国大会で活躍

落合中水町兄弟

競泳全国大会で活躍 スポーツ

個人メドレーなどで入賞 

9月9日号

電気の地産地消示す

たまでん

電気の地産地消示す 社会

市民の手で発足 来月10年目

9月9日号

会員急増で手腕に注目

市シルバー人材センター

会員急増で手腕に注目 社会

全国上位の伸び示す

8月26日号

29年度までに全4車線化

尾根幹線道路

29年度までに全4車線化 社会

今年度から「最終区」工事

8月26日号

1年過ぎ、徐々に浸透

市ユーチューブチャンネル

1年過ぎ、徐々に浸透 社会

今後は「外向き」発信も

8月5日号

コロナ禍で存在感

鶴牧の研修施設

コロナ禍で存在感 社会

「公共の場」としての利用増

8月5日号

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月9日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook