多摩版 掲載号:2015年12月3日号 エリアトップへ

市選管 本番そっくり模擬投票 南鶴牧小、給食大臣選ぶ

教育

掲載号:2015年12月3日号

  • LINE
  • hatena
本物の投票箱を使って投票を行う児童たち
本物の投票箱を使って投票を行う児童たち

 多摩市選挙管理委員会は11月18日、選挙の仕組みや投票の意義を子どもたちに学んでもらおうと、市立南鶴牧小学校で模擬選挙を行った。「給食の食べ残しを減らす」をテーマに、「給食大臣」を選ぶという設定。実際の選挙で使用する機材を用いるなど本番さながらの選挙が実施され、児童からは「貴重な体験ができた」と喜ぶ声が上がった。

 市選管では、子どもたちに選挙の仕組みや投票の意義を知ってもらおうと、昨年から市内の小・中学校で啓発事業を実施。今年6月には公職選挙法が「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げられたことを受けて、7月に都選管とともに都立永山高校で「選挙権の行使」についての出前授業を行っていた。市内の小学校からも出前授業を行ってほしいという依頼があったことから、昨年多摩第一小学校で実施した模擬投票を今年度も企画。今回の南鶴牧小学校をかわきりに、順次5校で実施していく。

本番用の機材を使用

 模擬投票は、小学生の身近な話題を通じて選挙への関心を高めてもらおうと「給食の食べ残しを減らす」をテーマに『給食大臣』を選ぶ設定。その問題解決策を3人の大臣候補が掲げ、児童たちはどの候補者の政策を支持するかという内容で行われた。

 今回、体験したのは同校の6年生75人。まず、市立給食センターの職員が同校の食べ残しについて説明を行った後、「明るい選挙推進委員会」の協力のもと、同委員会メンバー3人が大臣候補としてそれぞれに掲げる政策を演説。各候補の演説に共感した児童たちを指名して応援演説を行う場面もあったが、子どもたちは自身の考えをふまえながらそれぞれの候補者の支持理由を発表した。

 その後、実際の投票日と同じ手順で、投票箱のチェックを子どもたちも行い、実際に使われる記載台で児童たちは各々が思う候補者の名前を記入し、投票。投票後は、開票の時に使用される機械を使って集計が行われ、当選した大臣には、選挙管理委員会から当選証書が手渡された。

「一票の重み知った」

 模擬投票を体験した児童たちは「お父さん、お母さんが書いているのを見ているだけだったので、貴重な体験ができた」「今回は給食がテーマだったけど1票の大事さ、重さがわかった。18歳になった時に、1票の重みを知って投票したい」「一人ひとりの意見を聞き、自分で考えて投票するのは簡単ではないと感じた」と感想を述べた。

 市選管では「子どもたちの感想を聞くと事業の内容を理解もらえたのでは。選挙を身近なものとしてと感じてもらえればと思う。今後は、応援演説で自分の支持する候補が変わるといった自分で考えて投票できるように、もっと楽しみながら取り組んでもらえるように工夫していきたい」と振り返った。

候補者の応援演説も体験
候補者の応援演説も体験

多摩版のトップニュース最新6

市民と行政、協働で支援を

市民と行政、協働で支援を 社会

永山北公園で「コロナ相談会」

10月22日号

損保会社と包括協定

多摩市

損保会社と包括協定 社会

協働して地域づくりを

10月22日号

オンラインで「市民文化祭」

市制50周年記念

オンラインで「市民文化祭」 文化

地域の学校らが活動発表

10月8日号

海を渡った手作りメダル

都立多摩桜の丘学園

海を渡った手作りメダル 教育

離島の青ヶ島小中学校へ

10月8日号

避難方法・行動を確認

関戸・一ノ宮住民有志

避難方法・行動を確認 社会

台風等に備え市と協議

9月24日号

約12億円を新たに追加

市9月補正予算案

約12億円を新たに追加 政治

18歳以下に図書カード等

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

映像から学ぶNT(ニュータウン)開発

映像から学ぶNT(ニュータウン)開発

郷土史講座 関戸公民館で

11月4日~11月18日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク