多摩版 掲載号:2015年12月17日号 エリアトップへ

「人権の大切さ」作文で発表 中学生が登壇、にしゃんたさんも講演

社会

掲載号:2015年12月17日号

  • LINE
  • hatena
作文を発表する梅津風花さん
作文を発表する梅津風花さん

 12月4日〜10日の人権週間に合わせ、多摩市は12月6日、関戸公民館ヴィータホールで「人権のつどい」を開催した。

 毎年、人権の大切さを知ってもらおうと開催しているこの催し。今年は、2部構成で行われ、会場には約150人が足を運んだ。

 1部では「中学生からの人権メッセージ」と題し、今年度の全国中学生人権作文コンテストの都大会等で入選した7人の生徒が『障がい者への優しさ』『車椅子の祖父』『近所の絆』など、日常の家庭や学校、グループ活動、地域社会とのかかわりの中で得た体験などを通して、人権について考えたことを発表した。奨励賞を受賞した梅津風花さん(和田中学校2年)は、『祖父と祖母の終戦日』のテーマで、帰省した際に祖父母から空襲や疎開、玉音放送などの体験談を聞いた話をもとに平和の尊さや世界中が笑顔で暮らせる世の中をと訴えた。

「受け入れて、楽しむ」

 2部では、スリランカ出身で、現在は羽衣国際大学で教鞭をとる傍らTVやラジオなどにも出演している、にしゃんたさんが「違いを楽しみ、力にかえる〜多文化共生”新”時代〜」と題し、講演を行った。講演の中で、にしゃんたさんは関西弁等を巧みに交え、ユーモアあふれる語り口で会場を笑いの渦に巻き込み、「違いに気づいたら、それを受け入れて自身がどう変わり、楽しむことができるか。目指すべきところは『共笑』」と言及し、催しは盛大のうちに幕を閉じた。

 なお今回発表された中学生の作文は、1月23日(土)〜26日(火)に永山公民館で実施される「人権パネル展」で掲示される予定。

多摩版のローカルニュース最新6

「多摩の文化を楽しんで」

「多摩の文化を楽しんで」 文化

「市民文化祭」市内3会場で

10月22日号

駅前放置自転車の解消へ

駅前放置自転車の解消へ 社会

 22日から31日まで クリーンキャンペーン

10月22日号

開館90年を記念して

開館90年を記念して 文化

旧多摩聖蹟記念館で特別展

10月22日号

計700Km 時間内に完走

自転車競技「ブルベ」 2大会に参加

計700Km 時間内に完走 スポーツ

南野在住 小坂智弘さん

10月22日号

マンションの近未来を考える

マンションの近未来を考える 社会

ベルブホールでセミナー

10月22日号

いつでもどこでも音楽を

いつでもどこでも音楽を 文化

「せいせき音フェス」今年はオンラインで

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

映像から学ぶNT(ニュータウン)開発

映像から学ぶNT(ニュータウン)開発

郷土史講座 関戸公民館で

11月4日~11月18日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク