多摩版 掲載号:2016年4月21日号 エリアトップへ

「児童館だからできる支援を」 職員有志が復興募金活動 パネル展も

社会

掲載号:2016年4月21日号

  • LINE
  • hatena
募金を呼びかける職員たち
募金を呼びかける職員たち

 多摩市内の児童館職員と放課後児童クラブの有志9人が4月11日、多摩センター駅前で東日本大震災復興支援の募金活動を行った。

 児童館職員らは、震災発生後から「長く続けられる活動を」「児童館・放課後児童クラブの職員だからできることを」と、その年の5月から毎月11日の午後7時〜8時に、多摩センター駅前で募金活動を継続的に実施。この5年で集まった金額は約185万円。市、日本赤十字社を通じて被災地に寄付を行っている。

 今回で60回目となった募金活動では、職員たちが児童館のウィンドブレーカー等を着用し、駅利用者らに募金を呼びかけた。

 募金活動だけでなく、岩手県釜石市の児童館の活動支援として、手作りの工作キットや遊具を贈る活動も続けている。

 きっかけは、児童館職員が釜石市での東京都市長会の被災地派遣活動に参加した際、被災した児童館・児童クラブの状況を視察、現地職員と知り合ったことから。その後、連絡を取り合う中で「児童館を再開するが遊ぶものが少ない」という話を聞き、子どもたちが好きな工作ができるようにと、「おひなさま」「こいのぼり」など準備に手間のかかる工作キットを多摩の児童館で制作し、現地に贈る活動を行っている。

熊本へも

 唐木田児童館の三枝弘士館長は「我々だからこそできることをと活動を続けている。毎月11日を覚えてくれて『いつもご苦労様』と声を掛けてくださる方もいる。5年が経ち、忘れないためにも、今後も長く活動を続けていきたい。今回の熊本へもできることをやっていきたい」と話している。

 こうした活動や被災地の現状を報告するパネル展を4月末まで、からきだ菖蒲館ロビーで開催中。問い合わせは、唐木田児童館【電話】042・338・2277へ。

多摩版のローカルニュース最新6

来月、節分祭

一ノ宮の小野神社一般参加も可

来月、節分祭 社会

1月20日号

朗読者を募集

朗読者を募集 文化

3月に八王子の寺院で収録

1月20日号

「パル多摩」現状は?

「パル多摩」現状は? 文化

再オープンまで半年

1月20日号

「練習通り」2部門で栄冠

多摩ハンド

「練習通り」2部門で栄冠 スポーツ

調布市の小学生大会で

1月20日号

「NTスポット」新宿で

「NTスポット」新宿で 社会

市らの多摩魅力発信事業 

1月20日号

スタンプラリー実施中でも・・・

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook