多摩版 掲載号:2016年6月9日号 エリアトップへ

終戦前後の生活を本に 童話作家がエッセイ集

社会

掲載号:2016年6月9日号

  • LINE
  • hatena
本を手にする片野さん
本を手にする片野さん

 豊ヶ丘在住の童話作家・片野紀子さん(78)がこのほど、エッセイ集『敵機に手を振った少女〜真名畑の山と川と人と〜』(NPO法人双牛舎)を上梓した。

 「普通の子どもたちがどんな暮らしをしていたのか。子どもや孫の世代の人たちに少しでも知ってもらいたくて」と、執筆にいたった思いを語る。

 片野さんは、福島県東白川郡塙町出身で、小学1年生の頃に終戦を迎えた。昨年戦後70年を迎え、戦後生まれの友人たちに幼少の頃の思い出話をすると「形に残した方が良い」と言われ、本にすることにしたという。その本の中には、故郷である真名畑や郡山で過ごした戦時中や戦後の暮らし、地元の自然や風習などについて書き綴られている。

 若い頃から子どもたちに読み聞かせをするため童話を書き綴り、講談社児童文学新人賞で佳作入賞にも選ばれたこともある片野さん。以前から戦時中の記憶を少しずつ書きとどめ、今回、執筆にあたり、改めて現在89才になる兄や関係者に取材し、完成した。「少しでも多くの方に読んでいただけたら」と話している。

 なお、本はココリア多摩センター5階「丸善」(【電話】042・355・3220)で販売されている。

多摩版のローカルニュース最新6

「100人斬り」に注目

永山出身橋本さん

「100人斬り」に注目 社会

ポートレート企画

12月2日号

多くの動物とも出会える

多くの動物とも出会える 社会

ファンも存在?

12月2日号

実は英会話教室の激戦区

実は英会話教室の激戦区 経済

書店も充実

12月2日号

イルミ幻想的に

イルミ幻想的に 社会

来年2月まで点灯

12月2日号

盛り上がり支える

盛り上がり支える 社会

地元商店会がひと役

12月2日号

魚、どう見極め

魚、どう見極め 社会

年末年始用 マグロ職人に聞く

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook