多摩版 掲載号:2016年7月7日号 エリアトップへ

被災地に「笑顔の花を」 市教委が支援ポスターを制作

教育

掲載号:2016年7月7日号

  • LINE
  • hatena
完成したポスター
完成したポスター

 多摩市教育委員会はこのほど、4月に発生した熊本地震の被災地を支援するためのポスターを制作。公共施設等への掲示を始めた。

 市内の各小・中学校は、地震発生以降、募金等の活動を行っている。東日本大震災の際にも、長きにわたって募金等の支援を行い、被災地との交流を通じて防災教育等を行ってきた。

 今回も、熊本の被災地への長期的な支援・連携が必要との考えから啓発ポスターを制作しようと、東北支援のポスターを制作した実績のある東愛宕中学校の美術部へ依頼したものだ。

一日も早い復興を

 依頼を受けた同校では、まずキャッチコピーを考えることから始め、齋藤明優奈さん(2年)が考案した「笑顔の花を咲かせよう」に決定。齋藤さんは「『頑張ろう』という言葉はやめようと思い、人の印象に残るようなもの、笑顔になれるものにしようと思った」と語る。そのキャッチコピーから花畑をイメージし、同部顧問の大塚雄史教諭が多摩市ユネスコスクールのイメージキャラクター「ゴーヤン」と熊本県のPRキャラクター「くまモン」に生徒たちが描いた笑顔の花が咲いたポスターに仕上げた。

 出来上がったポスターに齋藤さんは「めっちゃいいと思います。被災地の少しでも早い復興に役立つことができれば」と笑顔で話す。

 市教委では、今後熊本のユネスコスクールとの交流を通して、募金活動や支援を進めていきたいという。清水哲也教育長は「先生と子どもたちが制作したポスターを通じて学校での募金活動や交流活動が継続して行われることで、一日も早く熊本に元気と笑顔が戻ることを願っています」と話している。

制作した東愛宕中学校美術部
制作した東愛宕中学校美術部

多摩版のローカルニュース最新6

「100人斬り」に注目

永山出身橋本さん

「100人斬り」に注目 社会

ポートレート企画

12月2日号

多くの動物とも出会える

多くの動物とも出会える 社会

ファンも存在?

12月2日号

実は英会話教室の激戦区

実は英会話教室の激戦区 経済

書店も充実

12月2日号

イルミ幻想的に

イルミ幻想的に 社会

来年2月まで点灯

12月2日号

盛り上がり支える

盛り上がり支える 社会

地元商店会がひと役

12月2日号

魚、どう見極め

魚、どう見極め 社会

年末年始用 マグロ職人に聞く

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook