多摩版 掲載号:2016年7月21日号 エリアトップへ

第1分団が優勝 多摩市消防団ポンプ操法発表会

社会

掲載号:2016年7月21日号

  • LINE
  • hatena
日頃の訓練の成果を発表した
日頃の訓練の成果を発表した

 多摩市消防団(高野陽一団長)は7月3日、日頃の訓練の成果を発表する「ポンプ操法発表会」を多摩ニュータウン市場(永山)で行った。

 消防署員とは異なり、それぞれが職業に就く地域住民が、火災や大規模災害発生時に現場に急行し、消火・救助活動等を行う他、火災予防活動等を行う消防団。現在、多摩市には本団と、市内10地区をそれぞれ担当する10分団があり、206人が所属している。

 今回行われた「ポンプ操法発表会」は、消火技術の向上に向け、日頃仕事が終わった後などの夜間に繰り返し行っているポンプ操法の訓練の成果を発表する場として、毎年開催されている。

 今年も、会場となる多摩ニュータウン市場には、消防団員をはじめ、阿部裕行多摩市長のほか、多くの市議会議員、関係者らが訪れ、消防団員たちを激励。その後、各分団による実戦さながらの緊迫した放水演技が披露された。結果は、第1分団(担当地域/連光寺1〜3丁目・聖ヶ丘1〜2丁目)が優勝。2位に第6分団、3位に第9分団が入った。

 団員たちの演技に対し、高野消防団長は「炎天下でのポンプ操法発表会でしたが、各分団とも日頃の自主訓練の成果をいかんなく発揮してくれた。多摩市消防団は、東京都操法大会で優勝・準優勝という実績を残しているが、これからも多摩市の安全・安心のため、消防操法技術の向上に力を注いでいきたい」と総括し、今後への意欲をみせた。

多摩版のローカルニュース最新6

「100人斬り」に注目

永山出身橋本さん

「100人斬り」に注目 社会

ポートレート企画

12月2日号

多くの動物とも出会える

多くの動物とも出会える 社会

ファンも存在?

12月2日号

実は英会話教室の激戦区

実は英会話教室の激戦区 経済

書店も充実

12月2日号

イルミ幻想的に

イルミ幻想的に 社会

来年2月まで点灯

12月2日号

盛り上がり支える

盛り上がり支える 社会

地元商店会がひと役

12月2日号

魚、どう見極め

魚、どう見極め 社会

年末年始用 マグロ職人に聞く

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook