多摩版 掲載号:2016年7月21日号 エリアトップへ

市内7カ所目の「認知症カフェ」 ネコサポステーション貝取に開設

社会

掲載号:2016年7月21日号

  • LINE
  • hatena
天本宏医師による認知症講座が開かれた
天本宏医師による認知症講座が開かれた

 貝取団地内にある地域のコミュニティ拠点「ネコサポステーション貝取」に7月14日、市内7カ所となる認知症カフェ「ネコサポかふぇ」がオープン。市内で高齢者医療を中心に展開する「医療法人財団天翁会」の初代理事長で精神科医・天本宏氏による認知症講座が開かれ、地域住民ら30人が聴講した。

 「認知症カフェ」は、認知症患者が増加する中、本人やその家族、地域住民、専門職の人など、誰でも立ち寄り、参加、交流できる場所として、全国で広がりをみせており、市内でもこれまでに6カ所で開設されている。

 「ネコサポステーション貝取」は、今年4月にヤマトホールディングス(株)がUR都市機構と多摩市と連携して開設したコミュニティ拠点で、宅配便の受付や家事・買い物代行サービス等を行っており、地域住民の閑談の場として運営されている。そうした中、多摩市中部地域包括支援センターの主催で、今後毎月第2木曜日の午後3時〜4時に開かれることとなった。

 今回第1回として行われた天本氏による認知症講座では、天本氏が認知症の早期受診の重要性や地域で見守ることなどを解説。訪れた人たちは熱心に耳を傾けていた。

 中部包括支援センターの淵野純子センター長は「今後も認知症の方、地域の方が気軽に立ち寄れるように色々企画していきたい」と話している。

多摩版のローカルニュース最新6

「100人斬り」に注目

永山出身橋本さん

「100人斬り」に注目 社会

ポートレート企画

12月2日号

多くの動物とも出会える

多くの動物とも出会える 社会

ファンも存在?

12月2日号

実は英会話教室の激戦区

実は英会話教室の激戦区 経済

書店も充実

12月2日号

イルミ幻想的に

イルミ幻想的に 社会

来年2月まで点灯

12月2日号

盛り上がり支える

盛り上がり支える 社会

地元商店会がひと役

12月2日号

魚、どう見極め

魚、どう見極め 社会

年末年始用 マグロ職人に聞く

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook