多摩版 掲載号:2016年8月25日号
  • LINE
  • hatena

中学生が長崎で平和を学ぶ 祈念式典に参列 28日は報告会

社会

阿部市長と共に長崎を訪れた6人
阿部市長と共に長崎を訪れた6人
 市内の中学生6人が8月8日から10日まで、多摩市の「子ども被爆地派遣事業」として長崎を訪問し、長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典等に参列した。

 多摩市では、平和の尊さを次世代へ伝承しようと、2013年度から市内の子どもたちを被爆地へ派遣する事業を実施している。これまで3回にわたって広島を訪問していたが、今年は初めて長崎を訪れた。

 事前に市内の中学生を対象に参加者を募集。その中から今回現地を訪れた6人が選ばれた。6人は、8日に多摩市を出発した後、空路で長崎を訪れると全国の青少年たちが集まる「青少年ピースフォーラム」に参加。被爆者の体験談を聞いた後、平和学習として、原爆や核兵器の悲惨さ等を学び、終了後には参加者たちとの交流を深めた。

 9日には、阿部裕行多摩市長と一緒に、平和祈念式典に参列。午後からはピースフォーラム2日目として、全国の子どもたちと平和について語り合い、意見交換を行った。10日は、原爆資料館に折鶴を献納した後、国立戦没者追悼平和祈念館で被爆体験の講話を聴き、浦上天主堂等を見学して帰路についた。

ベルブホールで

 今回の訪問について、参加した中学生たちの報告会が8月28日(日)、午後2時から永山公民館ベルブホールで開催される。

 当日は、長崎訪問を通じて、原爆や戦争、平和について感じたこと、学んだことなどを発表する。見学希望者は当日直接会場へ。入場無料。

 詳細の問い合わせは、市平和・人権課【電話】042・376・8311へ。

多摩版のローカルニュース最新6件

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ライフウェルネス検定」今年も

参加者募集

「ライフウェルネス検定」今年も

2月23日 桜美林アカデミーヒルズで

2月23日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月7日号

お問い合わせ

外部リンク