多摩版 掲載号:2016年10月6日号 エリアトップへ

多摩市文化団体連合の理事長を務める 堀内 陽二さん 関戸在住 85歳

掲載号:2016年10月6日号

  • LINE
  • hatena

市の芸能・芸術を次世代に

 ○…9月24日に行われた「長寿を共に祝う会」で、多摩市文化団体連合として今年初めて企画・運営を担当し、協力団体・ボランティアと共に当日来場した高齢者のサポートを行い、裏方として会を盛り上げた。「協力団体の方々が労を惜しまず動いてくれたおかげ。事故もなく無事開催できた。来場者からも概ね好評をいただき嬉しい」と胸を撫で下ろす。

 ○…10月14日からは市との共催イベント「たま市民文化祭」が始まる。会員団体が日頃の活動成果を発表する場として毎年多くの団体が参加するだけでなく、来場者もこれまでに過去最高で延べ1万3千人を数えるなど、多摩市の芸能・芸術を発信する機会として定着している。「今年は、会員以外にも多くの団体が参加してくれる。できるだけ多くの方に見に来てもらえたら」と笑顔で語る。

 ○…囲碁連盟の理事として文団連の役員を務め、7年前に理事長に就任。市民文化祭を中心に、加盟団体の交流や、学校で子ども向けの教室を実施するなど、市内の芸術・芸能分野の普及・啓発活動を行ってきた。「寄り合い所帯だけど仲が良く、女性も多く華やか。みんなよく協力してくれるし、楽しくやりがいのある仕事」と笑顔で話す。一方で加盟団体の高齢化、次世代への継承を課題に挙げる。「伝統文化を若い人たちに受け継いでいきたい。その使命感がある。活動をPRして普及させていきたい」と意欲をみせる。

 ○…三重県出身。大学卒業後「将来はカラー写真の時代が来る」との話を聞き、大阪で同族と会社を立ち上げ東京に進出。居住していた中野から40年ほど前に多摩へ転居した。70歳で退職した後は、趣味の囲碁三昧。その腕前は7段で「多摩では8段と言っていますが」と笑う姿が若々しい。「囲碁の腕をこれからも高めていきたい。文団連としても技芸の発展に努めていきたい」。衰えない意欲でこれからも技芸の高みをめざす。

多摩版の人物風土記最新6

佐々木 健大さん

多摩市成人式実行委員会の委員長を務める

佐々木 健大さん

連光寺在住 20歳

1月9日号

田村 直也さん

Jリーグ・東京ヴェルディで現役を引退し、セカンドキャリアを歩み出した

田村 直也さん

多摩市出身 35歳

1月1日号

塩田 明美さん

「多摩中学校地域学校協働本部」の代表を務める

塩田 明美さん

関戸在住 

12月12日号

槇野 稔さん

多摩消防署の署長に就任した

槇野 稔さん

市内在勤 54歳

11月28日号

西田 淳也さん

「東京たま桜」の連長を務める

西田 淳也さん

市内在勤 47歳

11月14日号

石川 良一さん

東京都議会議長に就任した

石川 良一さん

稲城市在住 67歳

10月31日号

岩井 文丈さん

9月2日付で多摩中央警察署の署長に就任した

岩井 文丈さん

市内在住 56歳

10月17日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人生を最期まで明るく楽しく

人生を最期まで明るく楽しく

受検者募集「ライフウェルネス検定」

1月26日~1月26日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【8】 11/24〜1/5 岩手県釜石市〜東京都多摩市

    1月12日号

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【7】 10/28〜11/24 青森県八戸市〜岩手県釜石市

    12月1日号

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【6】 9/29〜10/28 北海道稚内市〜青森県八戸市

    11月3日号

多摩版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月9日号

お問い合わせ

外部リンク