多摩版 掲載号:2016年11月3日号 エリアトップへ

リオ大会「感動をありがとう」 畠山愛理(あいり)さん、土田和歌子選手招き盛大にイベント

スポーツ

掲載号:2016年11月3日号

  • LINE
  • hatena
貝取保育園の園児たちから畠山さん、土田選手に感謝状と金メダルが贈られた
貝取保育園の園児たちから畠山さん、土田選手に感謝状と金メダルが贈られた

 今夏、リオデジャネイロ五輪・パラリンピックに出場した多摩市ゆかりの選手を招いた「リオ2016大会 感動をありがとう!イベントinTAMA」が10月17日、パルテノン多摩で開催され、新体操団体で8位入賞した畠山愛理さん(市立聖ヶ丘中学校出身)、車いすマラソンで4位入賞した土田和歌子選手(連光寺在住)に貝取保育園の子どもたちから手作りの感謝状と金メダルが贈られた(同実行委員会主催)。

スポーツは力・自信になる

 阿部裕行多摩市長から花束と記念品が贈呈された後、トークショーが行われ、2人はリオ大会のこと、世界で戦うまでの話、競技の魅力について語った。

 畠山さんは「家族、友達、たくさんの方々に支えられて五輪の場に立てた。それを力にかえることが出来た」と笑顔を見せ、「チームで競いながら、支え合いながらやっていく素晴らしさ、勝った時の嬉しさや負けた時の悔しさはスポーツでないと感じないこと。これからの人生、スポーツは必ず力になるし自分の自信にもつながると思う」とスポーツの力について語った。

2020年挑戦したい

 土田選手は7回目の出場となったリオ大会を「回数ではなく、結果がすべて。今回トップと1秒差の4位は悔しさもあるが、皆さんの後押しもあり、納得のレースはできた」と振り返り、今後については「2020年に向けて始まっている。私も一日一日競技レベルを上げて挑戦していきたい」と語った。また当初出演予定だったシンクロナイズドスイミング団体で銅メダルを獲得した小俣夏乃(かの)選手(国士舘大学)もビデオレターで来場者に五輪での応援に感謝の言葉を述べた。

 最後に畠山さんは「改めて地元の方々の力を感じたし、心のこもったメダルや感謝状をいただけて嬉しかった」と話し、土田選手は「地元でこうしたイベントを開催していただき皆さんの温かい気持ちが伝わってきて感謝の気持ちでいっぱい。改めて支える力を知れたイベントだった。その力をパワーに変えて選手として活躍し、2020年に向けて皆さんで盛り上げていけたら」と振り返った。

多摩版のローカルニュース最新6

直に馬頭琴の音色を

瓜生小学校

直に馬頭琴の音色を 教育

『スーホーの白い馬』参考に

2月18日号

過去最大630億円を計上

市新年度予算案

過去最大630億円を計上 政治

歳入減も普通建設費が増

2月18日号

22日は「猫の日」

22日は「猫の日」 社会

「多摩は犬」人気?

2月18日号

ストリートピアノ楽しめる

ストリートピアノ楽しめる 文化

多摩から20分の公園で

2月18日号

高尾山「冬そば」企画

京王電鉄

高尾山「冬そば」企画 社会

3月14日まで

2月4日号

ヒト・モノ・コトが出会う場所

「けぇどの会所・長屋」

ヒト・モノ・コトが出会う場所 社会

関戸に新たな空間が誕生

2月4日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月18日号

お問い合わせ

外部リンク