多摩版 掲載号:2016年11月3日号 エリアトップへ

縄文食に「こんなの食べてたの」 埋蔵文化財センターで体験

文化

掲載号:2016年11月3日号

  • LINE
  • hatena
石を使って木の実をすりつぶす参加者
石を使って木の実をすりつぶす参加者

 東京都埋蔵文化財センター内(落合)の「遺跡庭園 縄文の村」で10月22日・23日、縄文食体験が行われ、市内外から訪れた約50人が縄文時代の食事づくりを体験。その味を楽しんだ。

 年に一度、秋に実施しているこの「縄文食体験」。縄文時代の食事、その歴史を知ってもらおうと毎年企画され、好評を博している。

 当日は、これまでの調査からわかった当時の食材や環境について同センターのスタッフが説明を行う中、まずは近隣の公園で採取した3種類のドングリをローストして味比べが行われた。

 その後、レプリカの土器を使って、秋の味覚のキノコやヤツガシラ、猪肉などを具材に、昆布と塩のシンプルな味付けの縄文鍋づくりに挑戦。また鮭や長芋、鹿肉を黒曜石のナイフを使って切り分けたり、ドングリやクルミを石皿と磨石を使ってすりつぶすなどの作業を2グループに分かれて実施した。

 すりつぶしたドングリなどは、ヤマトイモやウズラの卵、蜂蜜を使って練り上げ、溶岩プレートで焼いてクッキーに。切り分けた鮭や長芋はホイルに包んで石蒸しに、鹿肉はステーキにと次々と料理が完成し、参加者たちは縄文時代の味を楽しんだ。

 参加者は「普通のクッキーより柔らかくてクルミの味がした。縄文時代はこんなのを食べていたんだと思うと感慨深い」「鍋も蒸し焼きもさっぱりしてヘルシー。猪の肉を使っているのにクセや臭みがなくて美味しかった」と感想を述べた。同センターは「出来は上々。縄文時代の食文化を知ってもらう良い機会になった」と振り返った。

土器を使って鍋づくり
土器を使って鍋づくり

多摩版のローカルニュース最新6

直に馬頭琴の音色を

瓜生小学校

直に馬頭琴の音色を 教育

『スーホーの白い馬』参考に

2月18日号

過去最大630億円を計上

市新年度予算案

過去最大630億円を計上 政治

歳入減も普通建設費が増

2月18日号

22日は「猫の日」

22日は「猫の日」 社会

「多摩は犬」人気?

2月18日号

ストリートピアノ楽しめる

ストリートピアノ楽しめる 文化

多摩から20分の公園で

2月18日号

高尾山「冬そば」企画

京王電鉄

高尾山「冬そば」企画 社会

3月14日まで

2月4日号

ヒト・モノ・コトが出会う場所

「けぇどの会所・長屋」

ヒト・モノ・コトが出会う場所 社会

関戸に新たな空間が誕生

2月4日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月18日号

お問い合わせ

外部リンク