多摩版 掲載号:2016年12月15日号 エリアトップへ

「知の地域創造を」 図書館本館再構築へ市民フォーラム

社会

掲載号:2016年12月15日号

  • LINE
  • hatena
講演を行う柳田邦男氏
講演を行う柳田邦男氏

 図書館本館の再整備を目指し、本館の在り方について検討を重ねている多摩市は12月3日、永山公民館ベルブホールで市民フォーラム「多摩市にふさわしい新本館を考える」を開催した。

 市民から中央図書館を望む声が多かったことから、市では1990年から中央図書館基礎調査を始め、「多摩市総合計画」の中で中央図書館の整備を計画するなど、長年にわたり検討を重ねてきた。現在、市立図書館の中心を担う本館は、2008年から旧西落合中学校を一部改修し10年間の暫定施設として利用しているものの、元教室の耐荷重によって配置が分散される他、蔵書収容力が低いなどの課題があり、中央図書館の整備が急務とされてきた。

 そうした中で、図書館システムの中心として分館をより支援する本館、ひとつのサービス拠点としても図書館サービス全体の向上に寄与する本館の在り方について、ノンフィクション作家の柳田邦男氏をはじめ、学識経験者や市民を交えた本館再構築策定委員会を設置し検討を重ねている。

「他にはない図書館を」

 今回行われた市民フォーラムでは、柳田邦男氏が基調講演を行い、多摩市の新たな図書館の果たすべき役割について言及。「30年後のビジョンを持って今何ができるか。『知の地域』『地域創造』の中で枠組みを作ることが大事。中央公園は、ライフスタイルに合わせた新しい図書館を作るには絶好の立地。知性豊かな、他の街にはない図書館を目指してもらいたい」と語った。

 その後、市立図書館の中島宰館長が、このほどまとめられた本館再構築基本構想の原案について、背景や策定過程、目指すべき姿、今後の進め方などの説明を行った。市民からは「重要なテーマなのに策定スケジュールが短い」「パルテノンを含めた具体的な設計が必要」などといった意見が寄せられた。

 なお市では、この原案に対するパブリックコメントを12月17日まで受け付けている。構想原案は、市内各図書館、多摩センター駅出張所、関戸公民館、市HPで閲覧することができる。

 問い合わせは市立図書館本館【電話】042・373・7955へ。

多摩版のローカルニュース最新6

芋煮を囲んで地域交流

芋煮を囲んで地域交流 社会

多摩中学校で 約180人が参加

1月9日号

「40年に向けて発展を」

「40年に向けて発展を」 文化

「多摩三田会」が30周年記念式典

1月9日号

まち歩きで地域のつながりを

まち歩きで地域のつながりを 社会

 馬引沢・諏訪地区 店舗でサービスを見学・体験

1月9日号

再エネで聖蹟駅前彩る

再エネで聖蹟駅前彩る 社会

3校の児童が発電、イルミに

1月9日号

「多摩子(たまご)の殻を破って 平成から令和へ」

成人式

「多摩子(たまご)の殻を破って 平成から令和へ」 社会

13日に永山情報教育センターで

1月9日号

東京フィルと共演

東京フィルと共演 文化

多摩ファミリーシンガーズ

1月9日号

家族に心配かけず安心した老後を

家族に心配かけず安心した老後を 経済

1月・2月に無料セミナー

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人生を最期まで明るく楽しく

人生を最期まで明るく楽しく

受検者募集「ライフウェルネス検定」

1月26日~1月26日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【8】 11/24〜1/5 岩手県釜石市〜東京都多摩市

    1月12日号

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【7】 10/28〜11/24 青森県八戸市〜岩手県釜石市

    12月1日号

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【6】 9/29〜10/28 北海道稚内市〜青森県八戸市

    11月3日号

多摩版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月9日号

お問い合わせ

外部リンク