多摩版 掲載号:2017年10月19日号 エリアトップへ

「良い出会いが出来た」 「くらふとフェア」今年も盛況

文化

掲載号:2017年10月19日号

  • LINE
  • hatena
職人の作品が多数並んだ
職人の作品が多数並んだ

 市民ボランティアによる手作りイベント「多摩くらふとフェア」が10月8日・9日、多摩中央公園で開催され、2日間で約2万5千人が来場した。

 この催しは、大量生産品が溢れる今の時代に「モノづくり」の大切さや、「モノの価値」を多摩から伝えようと、市民有志のボランティアで企画、運営し、今年で11回目を迎えた。

 今年も全国から、数多くの職人たちが同公園に集まり、129ブースを出展。木工、金工、ガラス、陶磁器、織、皮革など、それぞれの技術が詰まった作品や商品が展示、販売された他、職人による実演、体験ワークショップなども行われ、会場を訪れた人たちを楽しませていた。

 今回、石川県から初めて参加したというガラスアクセサリーや器などを手掛ける竹多宏治さんは「地方で活動しているので、都市部でこうしたクラフトのイベントがあるのは魅力的。毎年楽しみにしているお客さんも多いみたいで、初めて参加して良い出会いができた」と話していた。

 同イベントの久保則俊実行委員長は「アクシデント等に繋がるようなこともなく無事に開催できた。スタッフ全員に感謝したい。会話を楽しむこともこのフェアの魅力なので、来年以降は皆様にも楽しんでいただけたら」と振り返った。

多摩版のローカルニュース最新6

「即時」アプリで飲食店応援

「即時」アプリで飲食店応援 経済

鶴牧在住・堀内さんが開発

3月4日号

7自治体と連携、課題へ取組 

多摩市

7自治体と連携、課題へ取組  社会

「まず共通HP」 人材交流も

3月4日号

コロナ収束願い、折り鶴

関戸の市国際交流センター

コロナ収束願い、折り鶴 社会

3月4日号

夜間学級を知って

夜間学級を知って 教育

「必要な人へ」 連絡会が活動

3月4日号

八王子の料亭、ひな人形100体

八王子の料亭、ひな人形100体 文化

店内33カ所 26日まで

3月4日号

不妊・不育症を学ぶ

不妊・不育症を学ぶ 社会

7日、講演会 関戸で

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

お問い合わせ

外部リンク