多摩版 掲載号:2017年11月30日号 エリアトップへ

中学生の力作 入賞100句決定 多摩RC「俳句大会」12月16日に表彰式

教育

掲載号:2017年11月30日号

  • LINE
  • hatena
審査員20人で最終選考会を実施した
審査員20人で最終選考会を実施した

 地域で奉仕活動を行う東京多摩ロータリークラブ(小暮知則会長)、東京多摩せいせきロータリー衛星クラブは11月2日、「多摩市中学生俳句大会」の最終選考会を実施し、優秀賞・入賞作品を決定した。12月16日(土)には、永山公民館ベルブホールで午前10時から表彰式を開催する。

 同俳句大会は、日本文化の継承を目的に、同クラブの青少年奉仕活動として2004年からスタート。市内の公立中学校に通う子どもたちを対象に、多摩市教育委員会との共催、多摩市の後援を受けて実施しているものだ。

 13回目を迎える今年は、9月から作品の応募を呼びかけ、市内全9校、東京都立多摩桜の丘学園中等部の生徒たちから2829句の作品が集まった。

 集まった作品は、「こだま句会」による一次選考で、298句を選出した。

「レベル向上。選考に苦労」

 11月2日に行われた最終選考会では、俳人の由利雪二審査委員長、阿部裕行多摩市長、清水哲也多摩市教育長ら20人が集まり、審査委員長賞、多摩市長賞など、入選100句を決定した。東京多摩ロータリークラブの小暮会長は「今回も多くの句が集まり、感謝申し上げます。年々レベルがあがっており、選考に苦労しました。どの作品が選ばれたかは表彰式までお楽しみに」と話した。

 なお、一次選考を通過した298句は、1月25日(木)〜30日(火)、京王聖蹟桜ヶ丘SC5階連絡ブリッジギャラリーで生徒直筆による短冊が展示される。また来年2月頃に全応募作品と中学生が描いた表紙絵・挿絵を使って俳句集「やまざくら」を発行する予定だという。

 表彰式、展示等に関する問い合わせは同クラブ事務局【電話】042・371・7588へ。

多摩版のローカルニュース最新6

最後のエール交換

第一小

最後のエール交換 社会

昨年度 福島の学校と

4月1日号

多摩セン恒例行事に笑顔

多摩セン恒例行事に笑顔 社会

「移動商店街」などお目見え

4月1日号

存在感増す「小さな出版社」

八王子堀之内

存在感増す「小さな出版社」 文化

社会問題関連の書籍など刊行

4月1日号

ご当地チューバーを学ぶ

ご当地チューバーを学ぶ 社会

永山公民館が講座

4月1日号

「まぐろの旅」を提案

「まぐろの旅」を提案 社会

京王電鉄 割引乗車券を発売

4月1日号

あすからオークション

ヴェルディ

あすからオークション 社会

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月1日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter