多摩版 掲載号:2017年12月14日号 エリアトップへ

11月にCDデビューしたアイドルグループ「ディゼル」が所属するダンススクールの代表を務める 小川 晃世さん 八王子市在住 

掲載号:2017年12月14日号

  • LINE
  • hatena

ダンスで地域貢献を

 ○…11月22日に多摩発の「アイドル」としてCDデビューした10人組ガールズダンスヴォーカルユニット「des ailes89(ディゼル)」。23日には、グリナード永山でデビューイベントを開催し、多摩から全国へと夢の階段を登り始めた。その生みの親として「イベントで来場者が元気に、楽しいなと思ってもらえるように、その場で花を咲かせられる存在になってほしい」と期待を寄せる。

 ○…パルテノン多摩を練習拠点とするダンススクール「クローバー」の代表を務め、今年で20周年を迎えた。「ダンスを教えてください」。そう書かれたグリナード前の掲示板にあった高校生の張り紙が始まりだった。今では子どもからシニア、障害を持つ子どもたちが踊りを習いに数多く通う。「偏見や年齢など関係なく、どの年代の方たちともふれあい、目的に応じたレッスンをしていきたいですね」

 ○…茨城県出身。学生時代にダンスに興味を持ち、19歳の時に上京。昼夜仕事をしながらジャズダンスを学ぶ日々。「もっと勉強を」とニューヨークへ。踊りも言葉も通用せず悔しい思いも味わった。帰国後は数々のイベントでステージに立ち、ミュージカルに出演するなど実績を積んだ。子どもが産まれるまで第一線で踊り続け、今も自ら生徒たちに指導を行っている。「生徒の笑顔があるから続けてこれた。体が動くうちは踊り続けたい。だってダンスが好きだから」と微笑む。

 ○…3人の子の母。先日、高校生の長女と一緒にニューヨークに行き、世界中の人たちと踊ってきた。「振りを覚えるのは娘の方が早い。母娘で一緒に踊るのに憧れていたから嬉しかった」と母の顔を見せる。大好きな多摩で大好きなダンスで地域貢献していくことが今の目標だ。「何か始めるのに年齢は関係ない。みんなが円満に気持ちよく踊れるように自分の経験を伝え、楽しんでもらえたら」。ダンスで地域に笑顔の花を咲かせる活動はこれからも続く。

多摩版の人物風土記最新6

藤原 昌子さん

クリスマスを施設などで過ごす子どもたちに本を贈る取り組みを行う

藤原 昌子さん

聖ヶ丘在住 75歳

12月2日号

添田 正美さん

箱根駅伝出場を決めた国士舘大学・陸上競技部を率いる

添田 正美さん

八王子市在住 44歳

11月18日号

小山 喜明さん

多摩市50周年の記念ビールづくりに協力した関戸で酒店を経営する

小山 喜明さん

関戸在住 45歳

11月4日号

千葉 正法さん

今月、多摩市教育委員会の教育長に就いた

千葉 正法さん

町田市在住 57歳

10月21日号

横田 まさこさん

多摩市50周年を記念する公演を主宰する「市民劇団TAMA」の代表を務める

横田 まさこさん

川崎市在住 62歳

10月7日号

松本 薫さん

東京五輪・柔道の解説を務めたオリンピックメダリストの

松本 薫さん

多摩市内在住 34歳

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook