多摩版 掲載号:2018年4月5日号 エリアトップへ

多摩中央警察署の署長に就任した 齊藤 靖(きよし)さん 管内在住 57歳

掲載号:2018年4月5日号

  • LINE
  • hatena

「現場に強く瞬発力ある署に」

 〇…2月19日付で多摩中央警察署約370人の署員を率いる署長に就任した。管轄する多摩市、稲城市の大半が多摩ニュータウンで、多くの住民がこの地域で生活を送る。「それに伴い平穏な生活の確保という責任を感じる。現場に強く、瞬発力のある警察署にしていきたい」と抱負を語る。

 〇…山形県出身。高校時代には陸上800m走で全国7位の実績を持つ。大学では箱根駅伝を目指し日々練習に励んでいた。卒業後、民間企業に就職するも「駅伝で培った力が警察の仕事に何か役に立つことはないか」と入庁した。それからは志村署を皮切りに機動隊などを歴任。東京税関への出向で密輸人事件を担当した後、薬物対策課、組織犯罪対策課でマネーロンダリング事件を担当するなど、長年捜査畑を歩んできた。中でも、初めて捜査部門に携わった際に、数年にわたる捜査でコカインの密輸事件を解決したことが特に印象に残っているという。

 〇…「捜査は証拠や資料、情報の積み重ね。あとはいかに早く現場に赴くか。瞬発力と、冷静さ、謙虚さが求められる」と経験に基づく捜査の極意を語る。そのためにも、署員にはワークライフバランスや心身の健康を保つことを説く。「管内の高齢化が進む中、特に特殊詐欺、交通事故など高齢者が被害にあわないよう対策に取り組んでいきたい」と意欲をみせる。

 〇…一男一女の父親。その子どもたちは警察官として働く。「志望していたことを全然知らなかった。嬉しかったですね」と頬を緩める。数年前から習い始めたという習字も今は4段。今年中の5段昇段を目指す。「常に相手を思いやる気持ちを忘れないようにしたい」。署員、市民の声に耳を傾けながら、自らも現場に出て、安心・安全なまちづくりに邁進していく。

多摩版の人物風土記最新6

高野 義裕さん

多摩市若者会議から法人化した合同会社「MichiLab」の代表を務める

高野 義裕さん

八王子市在住 39歳

4月2日号

中川 紀子さん

仲間と一緒にアフリカでのホームステイ体験記の本を上梓した

中川 紀子さん

一ノ宮在住 72歳

3月5日号

矢田 浩明さん

「こどものまちたま(こたま)」を主催するチームミニたまの代表を務める

矢田 浩明さん

関戸在住 48歳

2月20日号

御山(みやま) 幸枝さん

2月22日(土)に開催される「アースビジョン多摩」の実行委員で司会を務める

御山(みやま) 幸枝さん

新宿区在住 39歳

2月6日号

大島 淳さん

1月1日付で「多摩青年会議所(多摩JC)」の第47代理事長に就任した

大島 淳さん

豊ヶ丘在住 36歳

1月23日号

佐々木 健大さん

多摩市成人式実行委員会の委員長を務める

佐々木 健大さん

連光寺在住 20歳

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 2月20日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク