多摩版 掲載号:2018年4月5日号 エリアトップへ

21人に「駅ボランティア証」交付 京王電鉄と多摩市「安心・安全なまちに」

社会

掲載号:2018年4月5日号

  • LINE
  • hatena

 多摩市内の京王線3駅で困っている人の手助けを行う「駅ボランティア」の講習会が3月21日、京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターのアウラホールと聖蹟桜ヶ丘駅構内で行われ、参加した21人に「駅ボランティア証」が手渡された。

 「駅ボランティア」は、駅を利用する人たちの中で、高齢者や障害のある人など、何か困っているのを見かけた際に、駅構内やバス乗り場までの案内、きっぷ購入、手荷物の運搬、通路や階段の移動支援などを進んで手助けしてくれる人のこと。この駅ボランティアは、「地域発展の推進に関する包括連携協定」を締結している多摩市と京王電鉄の協働で実施。都内の自治体と鉄道会社が連携して、こうした取り組みを行うのは初。

 当日は、NPO法人多摩市身体障害者福祉協会らによる講話が行われた後、車いすの操作方法、介助の実演が行われた。その後、参加者たちは2グループに分かれて、駅構内で車いすの操作、アイマスクをしての介助などを体験した。

 参加者は「自分の視点ではなく、足の悪い人、目の見えない人の立場で考えることができるようになった」「ボランティア証がなくても、障害のある方や困っている方に声を掛けていけるように、今回がその勇気の第一歩になれば」と感想を話した。京王電鉄では「多摩市と協力して、高齢者、障害のある方に安全・安心のまちになるよう裾野を広げていきたい」と意欲を見せている。

多摩版のローカルニュース最新6

次こそ本選でシード権獲得を

国士舘大

次こそ本選でシード権獲得を スポーツ

箱根駅伝報告会で再起誓う

2月20日号

ネコサポで図書返却が可能に

ネコサポで図書返却が可能に 教育

3月3日から 市内3店舗にBOX設置

2月20日号

特殊詐欺から守るために

防犯協会

特殊詐欺から守るために 社会

防犯作文優秀作品を表彰

2月20日号

文化フォーラムで会員交流

文化フォーラムで会員交流 社会

多摩稲門会 賀詞交歓会も

2月20日号

読み聞かせで健康寿命を延ばす

読み聞かせで健康寿命を延ばす 文化

大妻女子大多摩キャンパスで講座

2月20日号

医師が語る健康知識

医師が語る健康知識 社会

新百合ヶ丘総合病院が主催

2月20日号

人生100年時代を明るく楽しく

人生100年時代を明るく楽しく 社会

ライフウェルネス検定 56人が受検

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

読み聞かせで健康寿命を延ばす

読み聞かせで健康寿命を延ばす

大妻女子大多摩キャンパスで講座

2月29日~3月7日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク