多摩版 掲載号:2018年4月19日号 エリアトップへ

「将来の可能性高まる」 「プログラミング教育」必修化へ

教育

掲載号:2018年4月19日号

  • LINE
  • hatena
プログラミング教育について語る滝澤代表
プログラミング教育について語る滝澤代表

 2020年度から小学校の授業で「プログラミング教育」(※)が必修化されることをご存じだろうか――。今回、市内でプログラミング教室を開く「遊テック プログラミング教室」(愛宕4の22の20の3階、【電話】042・316・9051)の滝澤史郎代表にプログラミング教育の効果について聞いた。

 昨年2月に同教室を開いた滝澤代表。本業はエンジニア。以前に学習塾の依頼でプログラミング教室を開いた時に、子どもやその保護者から好評だったことから、地元の多摩市で教室を開こうと思ったという。

 教室では「スクラッチ」というソフトを中心に用い、ロボット製作やタッチタイピングなどを教える。「子どもたちは楽しんでプログラミングを学んでいる。子どもの吸収力はすごいですよ」と話す。

 「今後、ITスキルは今まで以上に必要になってくる」と滝澤代表。コンピューターのプログラムは、命令しないと実行しない。逆に命令したことは確実に実行する。うまくいかなかった時に何がいけなかったのか、どうすれば正しいものができるのかを学ぶことができるのがプログラミング教育だという。「幼い頃から学ぶことで、将来の成功の可能性も高まると思います。新しい日本発のITサービスができればいいですね」と話した。

多摩版のローカルニュース最新6

清掃で地域のつながりを

清掃で地域のつながりを 社会

西永山 自治会と福祉3事業者

10月8日号

多摩大生がコーナー企画

多摩大生がコーナー企画 社会

多摩ボラセン「ボランティア通信」

10月8日号

オンライン活用法を学ぶ

オンライン活用法を学ぶ 社会

コロナ時代の地域活動に

10月8日号

体験や歌で伝える「思い」

体験や歌で伝える「思い」 社会

かるがも館で「平和展」

10月8日号

「ルール・マナーを守って」

「ルール・マナーを守って」 社会

多摩中央署が交通安全フェスタ

10月8日号

自殺防止を呼び掛け

自殺防止を呼び掛け 社会

市民生委員協議会が4駅で

10月8日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「コロナ禍を生きる」

テーマは「コロナ禍を生きる」

多様な視座で学ぶ

10月10日~12月4日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月8日号

お問い合わせ

外部リンク