多摩版 掲載号:2018年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

関・一つむぎ館 地域と歩んで30年  記念式典で祝福

社会

多摩ファミリーシンガーズの子どもたちと一緒に歌う片倉会長(左から4人目)と阿部市長(同6人目)
多摩ファミリーシンガーズの子どもたちと一緒に歌う片倉会長(左から4人目)と阿部市長(同6人目)
 関戸・一ノ宮コミュニティセンター「つむぎ館」が今年で創立30周年を迎え、5月27日に同センターで記念式典が開催された。阿部裕行多摩市長をはじめ、多くの来賓が出席する中、同センター運営協議会の片倉満会長は「新たな気持ちで40周年を目指し、地域の皆様と共に力を合わせて取り組んでいきたい」と抱負を語った。

 「関・一つむぎ館」は、1988年に市立健康センターの3階に老人福祉会館と市民ホールが一体となった「関戸・一ノ宮地区複合施設」として開設。1991年に施行された「多摩市立コミュニティセンター条例」に伴い、「関戸・一ノ宮コミュニティセンター」と改称され、市内コミセンの一号館として新たにスタートした。

 近隣の住民で構成される運営協議会によって運営が行われ、毎年秋に開催している恒例の「つむぎ館まつり」の他、歴史や生活などにまつわることを学ぶセミナー、健康増進のためのウォーキング、映画上映会、料理教室など数々の自主企画を実施し、地域の交流拠点の役割を担っている。また東日本大震災の際には、帰宅困難者約100人を受け入れると同時に、募金活動を実施。以後、被災地のサンマを販売し寄付するほか、チャリティバザーなどを現在も継続して行っている。

 今年4月には、健康センターの改修に合わせ、同館もリニューアルされた。

40周年へ「力を合わせて」

 5月27日に行われた30周年を祝う記念式典には、阿部市長をはじめ、市職員、市内コミセンの運営協議会、地元自治会、商店会の関係者らが数多く出席。冒頭、運営協議会相談役の北條尚氏からリニューアルの経過報告が行われた後、片倉会長が登壇。自身がつむぎ館へ関わり始めた経緯や、これまでの体験談を交えながら挨拶。「つむぎ館と関わるうちに、自分の知見や経験が活かされていると感じ、地域との接点、人の役に立っているとも感じるようにもなった。まさにそれがコミセンの大事な役割。新たな気持ちで40周年を目指し、地域の皆様とともに力を合わせて取り組んでいきたい」と抱負を語った。

 次に阿部市長が登壇し祝辞を述べ、永年功労者表彰として、4人に片倉会長から表彰状が手渡された。その後、同館で練習を行っている「多摩ファミリーシンガーズ」による合唱も披露され、式典は盛況のうちに幕を閉じた。

多摩版のトップニュース最新6件

「魅力発信」新アイデアを

多摩市若者会議

「魅力発信」新アイデアを

6月7日号

昨年と変わらず83人

多摩市待機児童数

昨年と変わらず83人

5月24日号

地域も親しめる学校林へ

愛和小学校

地域も親しめる学校林へ

5月24日号

アジア杯優勝を報告

なでしこジャパン

アジア杯優勝を報告

5月10日号

13カ国の学生と交流

多摩中学校

13カ国の学生と交流

5月10日号

阿部氏の3選決まる

市長選

阿部氏の3選決まる

4月19日号

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

AIやロボットで仕事が変わる?

中大白門会

AIやロボットで仕事が変わる?

6月24日に講演会

6月24日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月7日号

お問い合わせ

外部リンク