多摩版 掲載号:2018年11月15日号
  • LINE
  • hatena

「なな山緑地の会」の会長を務める 高木 直樹さん 和田在住 77歳

貴重な里山を次世代へ

 ○…11月18日(日)まで、首都大学東京の牧野標本館で開催されている植物の標本展「明日へ繋ぐ里山の記録」を同大学と共催。市内和田にある里山「なな山緑地」に生育する植物の標本約50点を展示している。「展示しているのははっきり言って雑草なんです。希少種も雑草。家のそばにあるものかもと、見てもらえたら」と笑顔で話す。

 ○…今から18年程前。新聞で「希少植物は里山にある」という記事を読んだ。同時に同緑地に測量が入ると聞いた。開発の危険性を感じ、自治会で貴重な里山を残してほしいと、市へ陳情書を提出。市民で管理することが決まり、自らが発起人となって同会を発足させた。以来、ボランティア団体として緑地の保全活動を行っている。「自然は10年、15年のスパンでみていかなければ。子ども、孫の代までどう残すかが課題」と厳しい表情で話す。

 ○…現在70人ほどの会員が所属。中には埼玉から通う人もいる。「楽しいからやっているんじゃないかな」と微笑む。誰かが保全をしなければという使命感も感じている。保全・管理だけでなく、子どもたちに自然体験をしてもらう場としても提供し、大学生や地域住民との交流の場にもしていきたいと考える。「一度ここで遊んだ子どもたちはリピーターになってくれる。いきいきと遊んでいる姿を見るのは嬉しいですね」と目尻を下げる。

 ○…趣味は、現役の頃から続けている畑での野菜作り。「すっかりはまっちゃってね」と笑顔で話す。もっぱらの心配事は会のメンバーの高齢化だ。「現状維持のまま、自然が生きられるように長い目で見守っていきたい。若い人にも目を向けてもらってみんなで守っていきたい」。これからも自然と人の融合を目指して会を牽引していく。

多摩版の人物風土記最新6件

石原 静さん

4月に東京都行政書士会府中支部の支部長に再任した

石原 静さん

5月16日号

高瀨 聖子さん

「一般社団法人国連平和の鐘を守る会」の代表を務める

高瀨 聖子さん

5月1日号

高橋 賢さん

「インクルスポーツクラブ多摩」のメンバーで、多摩コミュニティビジネス交流会を主宰する

高橋 賢さん

4月18日号

齋藤 なずなさん

「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門で優秀賞を受賞した

齋藤 なずなさん

4月4日号

永田 昌弘さん

春のセンバツに出場する国士舘高校野球部の監督を務める

永田 昌弘さん

3月21日号

小田島 怜さん

今シーズンからサッカーJ3・SC相模原に入団した

小田島 怜さん

3月7日号

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

100本のバラが見頃

100本のバラが見頃

グリーンライブ「ローズウィーク」

5月11日~5月26日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク