多摩版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

「一般社団法人国連平和の鐘を守る会」の代表を務める 高瀨 聖子さん 中沢在住 71歳

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

「世界絶対平和」を次代へ

 ○…凄惨な戦争体験から「二度と戦争を起こしてはならない」と誓い、世界各国のコインを集めて「平和の鐘」を鋳造し、国連本部へ寄贈した中川千代治。私財をなげうって活動する父親の姿を娘として幼い頃から見守ってきた。「すべてをかけて活動していた。お金は人のために使うもの。そう考えていたから苦労も多かった。誇らしいですよ」と目を細める。

 ○…父親の仕事と活動のため、転居を繰り返した小学生時代。陰で支える母親の姿も見てきた。その影響か、幼い頃から自立心が強く学校を出てすぐに大阪万博の国連館で仕事を始めた。様々な仕事に就く中で、出会ったのが高齢者施設での仕事だった。「利用者のために自分が役に立てる。私にしかできない仕事」と夢中で働いた。その経験を買われ、短大で講師も務めた。高齢者施設の設立にも関わるなど、キャリアを積んでいった。

 ○…東日本大震災の後、船橋市から多摩市に転居。それまで父親の活動に関心を持っていなかったが、ある日国連の「平和の鐘」が正しく伝えられていないことを知った。2013年に社団を立ち上げ「平和の鐘」に込められた父の思いを伝えようと活動を始めた。行く先は国内外に及ぶ。「英語は話せないけど伝えようとすることが大事。父と同じように勇気を持って行動すればなんでもできると思っちゃうんですよ」。そのバイタリティーで活動を続ける。

 ○…今年、初めて地元の大松台小学校や、唐木田のカフェで講演会を行った。これからは地元での活動を増やしていきたいと考えている。「今になって父の功績を実感している。父の思い『世界絶対平和』は不変。これを次代に伝えていきたい」。父親の思いと平和の鐘と一緒にこれからも日本、世界を駆け回る。

多摩版の人物風土記最新6

山田 和久さん

今年度から「多摩市スポーツ推進委員協議会」の会長に就任した

山田 和久さん

鶴牧在住 73歳

7月9日号

平田 真利恵さん

「シニアのためのボランティア・地域活動ハンドブック」のイラストを手掛けた

平田 真利恵さん

中沢在住 42歳

6月25日号

田中 鉄太郎さん

「健康ウォーキング+せいせきテイクアウトMAP」を製作した

田中 鉄太郎さん

関戸在勤 48歳

6月11日号

高野 義裕さん

多摩市若者会議から法人化した合同会社「MichiLab」の代表を務める

高野 義裕さん

八王子市在住 39歳

4月2日号

中川 紀子さん

仲間と一緒にアフリカでのホームステイ体験記の本を上梓した

中川 紀子さん

一ノ宮在住 72歳

3月5日号

矢田 浩明さん

「こどものまちたま(こたま)」を主催するチームミニたまの代表を務める

矢田 浩明さん

関戸在住 48歳

2月20日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

これからの男女平等考える

これからの男女平等考える

女性センターでワークショップ

7月21日~7月22日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク