多摩版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

「綺麗な歌声に感動した」 南鶴牧小合唱団 高齢者施設でコンサート

社会

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
合唱を披露する児童たち
合唱を披露する児童たち

 南鶴牧小学校合唱団による「あったか♪ふれあいコンサート」が5月11日、介護付きホーム「SOMPOケア ラヴィーレ町田小野路」で行われた。

 同合唱団は、同校の4年生から6年生69人が所属。放課後に集まって練習を行い、これまでにNHK合唱コンクールの東京都コンクール地区予選で金賞、本選で銀賞を獲得したこともあり、全国大会金賞を目指して日々活動を行っている。

 同施設での慰問コンサートは、昨年、からきだ菖蒲館の文化部の紹介で初めて行われた。その時に、涙を流す入居者もいるほど好評だったことから、今年も開催されることになった。

 今回は、同合唱団の5、6年生36人が同施設を訪問。入居者とその家族、施設スタッフが会場となった1階レストランを埋め尽くす中で、『365日の紙飛行機』『パプリカ』や「日本の歌心の歌メドレー」などを、時にはフリをつけながら披露すると、一緒に口ずさむ場面も見受けられるなど、温かい拍手が送られた。最後の曲が終わるとアンコールの掛け声もかかり、児童たちが『瑠璃色の地球』を歌い上げた。

 コンサート終了後には、入居者から感謝状が贈られ「先生の指導を受けて立派な人に育ってほしい。皆さんの歌声を聞いて寿命が延びた」とあいさつ。児童たちの歌声を聞いた利用者からは「ひと月前から期待していた。実際に聞いて言うことはない。いいですね」「とても良い子どもたち。綺麗な歌声で感動した」と感想を述べていた。

 同施設の田代誠司ホーム長は「入居されている方も、働いているスタッフも和みをもらえてとても嬉しい。今後も南鶴牧小学校の皆さんに来てもらったりなど、こうした企画を行っていきたい」と話していた。

入居者から感謝状が贈られた
入居者から感謝状が贈られた

多摩版のローカルニュース最新6

甲子園交流試合「悔いなく、楽しく」

国士舘高校

甲子園交流試合「悔いなく、楽しく」 スポーツ

参加を表明 練習を再開

6月25日号

配送手伝い「輪を広げたい」

配送手伝い「輪を広げたい」 社会

マイニチWOW’ONの矢部さん

6月25日号

掲示板でお得な情報を

掲示板でお得な情報を 社会

KAOFESが開設

6月25日号

農家支援の輪 地域に広がる

農家支援の輪 地域に広がる 社会

給食用の玉ねぎを購入

6月25日号

生活困窮世帯に弁当配布

生活困窮世帯に弁当配布 社会

NPO法人どんぐりパン

6月25日号

「最後まで読んで興味を持って」

「最後まで読んで興味を持って」 社会

シニア向け冊子 平田さんがイラスト

6月25日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月25日号

お問い合わせ

外部リンク