多摩版 掲載号:2019年7月11日号 エリアトップへ

東京五輪ロードレース 機運醸成へ着々 テストイベント等各所で

スポーツ

掲載号:2019年7月11日号

  • LINE
  • hatena
トップレーサーたちが多摩市内を走り抜ける=市提供
トップレーサーたちが多摩市内を走り抜ける=市提供

 東京2020オリンピック・パラリンピックまであと1年。多摩市内も自転車競技ロードレースのコースとなっており、7月21日(日)には、ロードレースのテストイベント「READY STEADY TOKYO」が開催される。それに先立ち、現在、市内各所で機運醸成に向けて様々なイベントが企画されている。

 来年の7月24日(金)に開幕する東京オリンピック(パラリンピックは8月25日)。オリンピックは33競技が予定されており、その中の「自転車競技ロードレース」は7月25日(土)・26日(日)に開催。調布市・府中市・三鷹市にまたがる武蔵野の森公園をスタートし、静岡県の富士スピードウェイをゴールとする男子は総距離約244Km(25日午前11時スタート)、女子は約147Km(26日午後1時スタート)で競われる。今回のコースは、スタートからゴールまでの上った高さを表す獲得標高は男子約4865m、女子約2692mで過去のオリンピックの中でも最高で、気温、湿度の高い気候も相まって難易度の高いコースと呼ばれている。そのうち多摩市内は、都内最長となる約11・8Kmのコースが設定されている。

 自転車競技ロードレースは、近代五輪の第1回アテネ大会から行われている競技で、ヨーロッパでは人気種目だ。一般道を平均時速40〜50Km、最高で約100Kmの速度で走るため、その速度感と迫力が競技の見所のひとつ。また個人競技でありながら、各チーム(各国)から出場する数人の選手で、エースを勝たせるためのチーム戦の様相を呈するのも、競技を見る際のポイントになるという。

市内6大学が応援

 そのロードレースのテストイベント「READY STEADY TOKYO」が7月21日(日)に開催される。コースは本番とほぼ同じで、正午スタート。世界各国(最大24チーム)のトップレーサーが本番前にこの地でレースに挑む。

 多摩市秘書広報課によると、今年4月に行われた「せいせき桜まつり」でアンケートを実施したところ、「多摩市がロードレースのコースになっていることを知らない」が70%、5月に行われた「ガーデンシティ多摩センターこどもまつり」では44%だったという。そこで、来年の本番やテストイベントを盛り上げようと、市内で様々なイベントが開催される。

 テストイベントの当日、午前10時30分〜午後3時、聖ヶ丘の多摩大学多摩キャンパスで応援イベントが開催される。主催は、市内6大学と多摩市で構成される多摩市オリンピック・パラリンピック大学連携協議会。国士舘大学体育学部こどもスポーツ教育学科の田原淳子教授による講演会の他、自転車競技のVR(仮想現実)体験、おもしろ自転車試乗会、ボッチャの競技体験などができる。

元選手が語る

 12日(金)までと、19日(金)から26日(金)まで、永山公民館3階ギャラリーで「東京2020オリンピック・パラリンピック展」を開催。午前9時〜午後9時30分。2020年大会と1964年東京大会に関する企画展で、両大会や、ロードレースの概要・魅力の他、国士舘大学のオリンピアンのパネル展示などが行われる。

 13日には、パルテノン多摩で「『たまし』い込めて応援しよう!プロジェクト」を開催。午前10時〜午後6時。ロードレースの魅力や本番の見所などを知ってもらうためのパネル展示や、元ロードレース選手の栗村修氏によるトークショー、コースになっている尾根幹線道路をバーチャルで走行体験できるコーナーなどが企画されている。

 詳細は、応援イベント・説明会は市オリンピック・パラリンピック推進室【電話】042・338・6947、オリパラ展は永山公民館【電話】042・337・6661、プロジェクトは市秘書広報課【電話】042・338・6812へ。

6月22日にからきだ菖蒲館で行われた「たましい込めて応援しよう!プロジェクト」。元五輪選手の田代恭崇さんが魅力などを語り、デモンストレーションを行った
6月22日にからきだ菖蒲館で行われた「たましい込めて応援しよう!プロジェクト」。元五輪選手の田代恭崇さんが魅力などを語り、デモンストレーションを行った

多摩版のトップニュース最新6

「健幸(けんこう)まちづくり」を基盤に

多摩市総合計画

「健幸(けんこう)まちづくり」を基盤に 社会

第3期基本計画がスタート

7月11日号

相模原駅まで先行整備へ

小田急多摩線延伸

相模原駅まで先行整備へ 社会

多摩市「議論深めていく」

6月27日号

病院にいる子どもたちへ

東京医療学院大学

病院にいる子どもたちへ 社会

「キワニスドール」を製作

6月27日号

6年ぶりに関東大会出場

多摩消防署特別救助隊

6年ぶりに関東大会出場 社会

救助の迅速・確実性が評価

6月13日号

糖尿病重症化に待った

多摩市

糖尿病重症化に待った 社会

薬局で生活習慣改善支援

6月13日号

33階「タワマン」を計画

聖蹟桜ヶ丘駅北地区

33階「タワマン」を計画 社会

520戸、市内で最高層建物に

5月30日号

あっとほーむデスク

  • 7月11日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

たばこの煙はなぜ怖い?

たばこの煙はなぜ怖い?

「受動喫煙防止」シンポジウム

8月3日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク