多摩版 掲載号:2019年7月11日号 エリアトップへ

選手輩出へ始動 多摩市ダンススポーツ連盟

スポーツ

掲載号:2019年7月11日号

  • LINE
  • hatena
連携する学連から指導者を招いて練習する
連携する学連から指導者を招いて練習する

 2020東京オリンピック・パラリンピックに向け、徐々に盛り上がりを見せている昨今。次の2024年パリ大会では、「ブレイクダンス」が新たに競技として実施されることが検討されている。また同じダンスでも、「ダンススポーツ」を競技種目にしようと、世界中で関係者による働きかけが行われているという。

 その「ダンススポーツ」は、従来の社交ダンスからさらにスポーツ性を追求した競技で、年齢を問わず楽しめる生涯スポーツとして注目を集めており、今年4月には、国体の正式種目にも採用されている。

 そうした中、「多摩市ダンススポーツ連盟」(日比野博義会長)では、多摩市から国体選手を輩出しようと、会員の技術向上とともに、若年層への普及に取り組み始めた。

 現在、同連盟には15サークル約100人が加盟。学生連盟から実習を兼ねて学生を招いて、ダンスを教わりながら一緒に練習に取り組んでいる。競技大会での入賞経験もある副会長の田村志げ子さんは「体にも姿勢にも良いし、ドレスを着て音楽に合わせて踊るのが楽しい」と笑顔で魅力を語る。

 日比野会長は「ダンススポーツは身体能力も必要。若い時から始めるに越したことはない。ヨーロッパでは教育の一環としても取り入れられている。これから行政にも働きかけて子どもたちにも競技を知ってもらい、参加してもらえれば」と話している。

 同連盟への問い合わせは日比野会長【電話】042・400・0220へ。詳細は多摩市ダンススポーツ連盟のHPで。

多摩版のローカルニュース最新6

「生ごみ減量」情報交換を

「生ごみ減量」情報交換を 社会

ベルブで「サロン」開設

7月11日号

来年4月に認可保育所新設

来年4月に認可保育所新設 社会

聖蹟桜ヶ丘駅近くに2園

7月11日号

聖蹟駅前に並ぶ1千鉢の大輪

聖蹟駅前に並ぶ1千鉢の大輪 文化

「あさがお市」今年も盛況

7月11日号

合唱とバレエが初共演

合唱とバレエが初共演 文化

ファミリーシンガーズ演奏会

7月11日号

「明るい社会へ」街頭で啓発

「明るい社会へ」街頭で啓発 社会

市内3駅で 延べ287人参加

7月11日号

初の実証実験「乗りやすかった」

初の実証実験「乗りやすかった」 社会

電動キックボード 多摩中央公園で

7月11日号

あっとほーむデスク

  • 7月11日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

たばこの煙はなぜ怖い?

たばこの煙はなぜ怖い?

「受動喫煙防止」シンポジウム

8月3日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク