多摩版 掲載号:2019年8月8日号 エリアトップへ

第6分団が完全優勝 消防団ポンプ操法大会 団体・個人で

社会

掲載号:2019年8月8日号

  • LINE
  • hatena
優勝した第6分団の団員
優勝した第6分団の団員

 「第34回多摩市消防団ポンプ操法大会」が7月7日、永山にある多摩ニュータウン市場で開催され、第6分団(今村淳分団長)が4年ぶりに第1位に輝いた。

 日頃それぞれに職業に就いている地域住民で構成される消防団員。多摩市では団を統率する団本部と、市内の各地域を担当する10分団体制がとられている。火災や大規模災害が発生した際には、自宅や職場から駆け付け、消火・防火活動を行うほか、日頃から火災予防活動などに従事。そうした有事に備え、仕事が終わった夜間等に消火技術の向上を図るため訓練に励んでいる。

 その中で、火災時に消防ポンプ車を活用し、短時間に最小限の人員で最大の効果をあげる消火方法となるのが「ポンプ操法」だ。同大会は、消火活動の基礎である「消火活動」を「迅速」「確実・安全」に行うことを目的に、日頃から訓練で培ってきた操法技術を披露し競い合う場として、毎年開催されている。

「来年連覇できるように」

 当日は、多くの来賓が見守る中で、各分団が訓練の成果を披露した。その結果、優勝は第6分団、2位は第7分団、3位は第1分団だった。また個人でも、指揮者、1〜4番員まですべて第6分団が最優秀賞を受賞。市防災安全課によると、すべての賞を同一分団が受賞するのは「初になるのでは」と話す。

 東寺方、東寺方1・3丁目、落川、桜ヶ丘3・4丁目を担当する第6分団の今村分団長は「これまで練習を重ねてきた中で、分団としてだけでなく団員それぞれが個人で優勝でき、完全優勝を達成できて嬉しい」と述べ、「また来年も優勝し連覇できるように、いざという時に備えた普段の訓練から取り組んでいきたい」と抱負を語った。

多摩版のローカルニュース最新6

手に汗握る熱戦続出

手に汗握る熱戦続出 スポーツ

復興支援の少年野球大会

9月5日号

パラ陸上界のトップ語る

パラ陸上界のトップ語る スポーツ

9月29日 ヴィータホール

9月5日号

児童が「模擬議会」体験

児童が「模擬議会」体験 政治

小4〜6年生16人 一般質問も

9月5日号

自分らしい子育て学ぶ

自分らしい子育て学ぶ 社会

永山公民館で講座

9月5日号

落語と音楽が融合

落語と音楽が融合 文化

関戸公民館20周年事業

9月5日号

市民体育大会が開幕

市民体育大会が開幕 スポーツ

開会式に33団体参加

9月5日号

「競技かるた」全国2冠

和田中学校矢島さん

「競技かるた」全国2冠 文化

団体・個人で優勝

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 9月5日0:00更新

  • 8月22日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ陸上界のトップ語る

パラ陸上界のトップ語る

9月29日 ヴィータホール

9月29日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【8】 11/24〜1/5 岩手県釜石市〜東京都多摩市

    1月12日号

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【7】 10/28〜11/24 青森県八戸市〜岩手県釜石市

    12月1日号

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【6】 9/29〜10/28 北海道稚内市〜青森県八戸市

    11月3日号

多摩版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月5日号

お問い合わせ

外部リンク