多摩版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

21人がキャンプ場で訓練 多摩市消防少年団

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
今年は21人がキャンプに参加
今年は21人がキャンプに参加

 小学3年生から高校3年生までの34人が所属する「多摩消防少年団」(荒津内優子団長)は8月3日・4日、毎年恒例のサマーキャンプを実施した。

 消防の仕事や火災予防などに関心のある少年少女で結成される同少年団。消防の仕事や火災予防について学ぶ他、地域の美化活動など社会活動を行っている。年間を通じて訓練や様々な行事を実施しており、夏には野外活動の一環としてサマーキャンプを実施。今年は初めて、山梨県北都留郡小菅村にある平山キャンプ場を会場に実施した。

 3日、協力する東京多摩グリーンロータリークラブのメンバーや消防署員に見送られながら団員21人が多摩消防署を出発。現地到着後は、急流救助訓練を行った後、自炊し、火気取扱訓練を実施。翌日も渡過訓練などを行い、多摩消防署に戻って解散式を行った。今年のサマーキャンプを振り返り荒津内団長は「平山キャンプ場の自然地形を生かした急流救助訓練や渡過訓練は、子どもたちにとって貴重な経験となった」と語った。

署員に見送られながら出発
署員に見送られながら出発

多摩版のローカルニュース最新6

「顔の見える関係づくりを」

「顔の見える関係づくりを」 社会

自治連合会が情報交換会

2月6日号

「小さな運動で大きな未来を」

「小さな運動で大きな未来を」 経済

多摩JC賀詞交歓会 大島理事長が所信表明

2月6日号

映画で「自然と共生」考える

映画で「自然と共生」考える 社会

2月22日 パルテノンで

2月6日号

家族に笑顔が残る終活を

家族に笑顔が残る終活を 社会

唐木田駅前郵便局でセミナー

2月6日号

「地域」テーマにメッセージ作成

「地域」テーマにメッセージ作成 教育

子どもみらい会議で発表

2月6日号

人生100年時代を明るく楽しく

人生100年時代を明るく楽しく 社会

ライフウェルネス検定 56人が受検

2月6日号

子どもだけで「まちづくり」体験

子どもだけで「まちづくり」体験 教育

「こたま」パルテノンで

2月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

映画で「自然と共生」考える

映画で「自然と共生」考える

2月22日 パルテノンで

2月22日~2月22日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月6日号

お問い合わせ

外部リンク