多摩版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

瓜生小 仮装して通学路チェック   保護者が企画 地域と交流

教育

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
クイズ形式で危険個所をチェックし確認して回った
クイズ形式で危険個所をチェックし確認して回った

 市立瓜生小学校「ちょこっとみまもりサークル」(朝比奈菜々子代表)が主催する「ハロウィンウォークラリー」が10月19日、同校周辺地域で開催された。この催しは、ハロウィンを楽しみながら、子どもたちに通学路の危険な場所や「子ども110番」の場所を知り、地域住民と顔見知りになることで「自分の身は自分で守れるように」と企画されたもの。当日は、同校の児童40人と保護者や地域住民ら39人が参加して、仮装して通学路の危険な場所を見て回った。

 同校の「ちょこっとみまもりサークル」は、同校児童の保護者たちが、地域住民や保護者、子どもたちが参加できる防犯に関わるイベントを不定期に企画・開催する他、みまもりマークを付けたエコバッグやステッカー、腕章などのグッズを制作して地域に周知する活動などを行っている。

 今回の企画もその一環。ハロウィンを楽しみながら、子どもも大人も一緒に楽しめる地域の防犯活動をと昨年初めて実施したもの。ハロウィンにちなんで思い思いに仮装した子どもたちと保護者が、学校周辺の危ないと思われる場所を見て回り、クイズ形式でどんな点が危ないかをチェックしていくという内容。今年も同様に、過去に不審者情報が寄せられた4カ所をピックアップして、3グループに分かれて歩いて回った。

 チェックポイントでは、人の出入りが多い場所か、木立や茂みがある場所か、抜け道はあるかなど、クイズ形式で子どもたちに確認。子どもたちは、それに答えながらカードにチェックを入れるとシールやお菓子が配られた。おやじの会のメンバーが不審者役を担い「子ども110番」の家に子どもたちが駆けこむ訓練も実施され、連絡先や住所が正確に応えられるかなどの確認も行われた。

 イベントに参加した5年生の男子児童は「楽しかった。普段暗いところなど気にして歩いているけど、いろいろなことを知ることができて良かった」と感想を話していた。企画した同サークルの朝比奈代表は「繰り返し同じことを伝える中で、子どもたちから危険個所について意見が出てきたことが良かった」と今回のウォークラリーを振り返った。続けて「地域の方たちにもっと参加してもらうことと、子どもたちと顔見知りを増やすことが今後の課題。SNSを活用しながら通学路の危険個所をピックアップしメンバー間で情報を共有するなどアイデアを出しながら活動していきたい」と今後へと意欲を見せた。

多摩版のトップニュース最新6

一般会計、過去最大を更新

2020年度当初予算案

一般会計、過去最大を更新 政治

人件費、建設事業費が増

2月20日号

一小が「浪江っ子」と交流

桜ヶ丘商連企画

一小が「浪江っ子」と交流 社会

全校児童1人の2校と 

2月20日号

高齢者の移動を支援

市民ボランティア

高齢者の移動を支援 社会

桜ヶ丘で実証実験

2月6日号

センバツ決定 喜び爆発

国士舘高校

センバツ決定 喜び爆発 スポーツ

2年連続10回目の出場

2月6日号

地域繁栄へ強力に推進

多摩商工会議所

地域繁栄へ強力に推進 経済

伊野会頭が新年の抱負

1月23日号

3社とパートナー協定

多摩市文化振興財団

3社とパートナー協定 社会

改修後の管理運営に向け

1月23日号

持続可能で夢ある都市へ

小池都知事インタビュー

持続可能で夢ある都市へ 政治

5G環境の早期構築も

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

読み聞かせで健康寿命を延ばす

読み聞かせで健康寿命を延ばす

大妻女子大多摩キャンパスで講座

2月29日~3月7日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク