多摩版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

運転の不安を解消 高齢ドライバー向けセミナー

社会

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena
講師の言葉に聞き入る参加者
講師の言葉に聞き入る参加者

 ヤマトグループが運営するネコサポステーション主催の「クルマの運転と新しい生活スタイルを考える〜高齢ドライバー向けお役立ちセミナー」が11月16日、グリナード永山の会議室を会場に開催された。

 「最近、自分の運転に不安を感じる」「免許返納後はどうやって生活すればいいの…」「クルマの維持費が高くて大変」など、不安や疑問を抱える人を対象にした同セミナーには今回8人が参加。多摩中央警察署が行った事故映像から安全運転を考える「交通安全講話」を聴講し、認知・判断力診断テストを受けた。ライフコンサルタントによる「ヒトとクルマの新しい関係」をテーマにしたライフスタイル講座では、将来は自動運転技術の進歩で「車が人の手を使わずに自動で動く車になる」のではないかという興味深い話も。

免許返納する?しない?

 今年の流行語大賞の候補にも上がる「免許返納」が始まったのは1998年から。実際に自主返納した人は最初の年が2500人程度だったのに対し、2017年には420万人にも膨れ上がった。参加者の中にも「免許返納を考えている」「自分は返納したくない」との声が上がり、関心の高さが伺えた。第5部の役立つ制度・サービスの紹介では、免許返納後の生活や今後の運転に有益な制度とサービス情報を提供。「返納で困ることの一つが身分証明になるものがなくなる」との不安の声には「運転経歴証明書」の申請が可能なこと、運転を継続したい人に向けては安全教室等の案内をした。

多摩版のローカルニュース最新6

芝生の上でゆったりヨガ

芝生の上でゆったりヨガ スポーツ

209人が参加 多摩陸で

11月19日号

関戸の葬儀ホールで催し

関戸の葬儀ホールで催し 社会

相談会や特産品の販売も

11月19日号

延べ2万2千人が視聴

オンライン文化祭

延べ2万2千人が視聴 文化

新たな活動発信の場に手ごたえ

11月19日号

花火で市民にエール

花火で市民にエール 社会

サプライズで 多摩川から打上

11月19日号

多摩のカヤ場からみる博物誌

多摩のカヤ場からみる博物誌 社会

旧多摩聖蹟記念館で展示

11月19日号

40万球で幻想的な空間に

40万球で幻想的な空間に 社会

多摩センターイルミネーション

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多摩のカヤ場からみる博物誌

多摩のカヤ場からみる博物誌

旧多摩聖蹟記念館で展示

10月25日~12月20日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク