多摩版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

都立多摩桜の丘学園 手作りマスクで恩返し 駅で配布、施設に寄付

社会

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena
2日間、永山駅前で手作りマスク250枚を配布した
2日間、永山駅前で手作りマスク250枚を配布した

 都立多摩桜の丘学園(山本優校長)は4月下旬、日頃お世話になっている地域に「恩返しを」と教員たちがマスク約320枚を製作し駅前で配布したほか、高齢者施設にも寄贈した。学校休校期間中で授業ができない代わりに地域貢献しようと教員の発案で「Made in Sakuraプロジェクト」を立ち上げマスクを製作。同校の原田勝副校長は「地域貢献は学校の目標。少しでも地域の方のお役に立てるならと実施した。反響も大きく驚いている」と話した。

 同校は、知的障害・肢体不自由な児童・生徒が通う特別支援学校。小学部から高等部、在宅、病院内の訪問学級に加え、島田分教室があり、現在約370人が在籍している。教育目標は「児童・生徒一人一人の人権を尊重し、発達・障害に応じた教育を推進するとともに、個性を伸長し、豊かな人間性や社会性を育み、地域の中で豊かに生きる児童・生徒を育成すること」。これまでに、近隣の聖ヶ丘コミュニティセンターや連光寺小学校の清掃活動に取り組むほか、地域の買物支援事業にも参加している。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3月2日から臨時休校となった同校。保護者の仕事等の事情によって一部の児童・生徒を預かっていたものの授業は行っておらず、教員は学校再開後の準備を進める中で、「今できることは何かないか」と思案していた。そこで日頃お世話になっている地域に対し、恩返しをしようと「Made in Sakuraプロジェクト」を企画。新型コロナウイルスの影響でマスクが入手困難になっていることから、家庭科の教員が指導役となって手作りのマスクを作ることが決まった。

 マスクは事前に家庭科の教員が型をつくり、それに合わせて他の教員たちが学校にあった生地や購入してきた生地、ガーゼを使ってミシンで縫い付け、ゴムで耳掛けを製作。在宅勤務の教員も自宅に持ち帰って製作した。そうして出来上がった枚数は300にものぼった。

300枚を地域に

 出来上がったマスクは4月21日・27日の2日にわたって、数名の教員たちが250枚を永山駅前で配布。同駅を選んだ理由は、定期的に募金活動で協力してくれたり、学習発表の展示会をグリナード永山で実施してもらうなど、日頃から活動に理解を示し支えてくれているからだという。両日とも、配布開始から5分もかからずに道行く人たちが受け取っていった。

 また23日には、買い物支援事業などで協力している住宅型有料老人ホーム「ゆいま〜る聖ヶ丘」にも今回の手作りマスク70枚を寄付した。原田副校長からマスクを受け取った同施設の生活コーディネーター・星聡子さんは「利用者の方もマスクが手に入らず、使い捨てマスクを洗って使うほど困っていたのでありがたい。感謝しています」と話す。

 同校の原田副校長は「永山駅前で配った際には『ありがとう』『助かります』という声や、後日お電話までいただき反響の大きさに驚いている」と率直な思いを語る。続けて「地域貢献は学校の目標。地域の方に少しでも役に立つ学習をと取り組んでいる。今回は子どもたちが登校できていない中での取り組みになったが、地域に役立つことができれば学校としても今後の希望になる」と話している。

原田副校長(右)から「ゆいま〜る聖ヶ丘」の星さんに手渡された
原田副校長(右)から「ゆいま〜る聖ヶ丘」の星さんに手渡された

多摩版のトップニュース最新6

市職員8人に消防総監賞

市職員8人に消防総監賞 社会

連携で高齢男性を救命

7月9日号

小池氏が再選

都知事選

小池氏が再選 政治

市民「暮らしに寄り添って」

7月9日号

独自策第2弾に約8億円

市6月補正予算

独自策第2弾に約8億円 政治

コロナへの対応策が中心

6月25日号

15年ぶり「ビン牛乳」復活

市立小・中学校

15年ぶり「ビン牛乳」復活 教育

今年度から給食に並ぶ

6月25日号

飲食チケットで応援

多摩市コロナ対策

飲食チケットで応援 経済

10%特典 参加店舗で販売

6月11日号

今年の思い出「ひまわり」に

多摩二小

今年の思い出「ひまわり」に 教育

コロナの差別・偏見なくす

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

これからの男女平等考える

これからの男女平等考える

女性センターでワークショップ

7月21日~7月22日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク