多摩版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

「I CAN」のバラ咲く  GLC(グリーンライブセンター)で核廃絶の思い重ね

社会

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena
ピンクの濃淡があり品があるという「I CAN」
ピンクの濃淡があり品があるという「I CAN」

 現在休館中の市立グリーンライブセンターでこのほど、約100本のバラが見頃を迎え、今年新たに加わった品種「I CAN」も大輪の花を咲かせた。

 同センターでは、毎年5月に「ローズウィーク」と題したイベントを実施し、連日多くの人出で賑わいを見せている。今年は、新型コロナウイルスの影響で4月から休館。同イベントも中止となった。

 そうした中でも同センターのスタッフの手により花を咲かせたバラの数々。「I CAN」は恵泉女学園大学講師で非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン(I CAN)」の国際委員を務める川崎哲氏から、今年2月に多摩市に寄贈されたバラだ。

 このバラは、被爆者で広島県在住の育種家・田頭数蔵氏が、NGOのI CANがノーベル平和賞を受賞したことに感銘を受けて、新しくできた品種に同じ名前を付けたもの。核兵器廃絶運動に役立ててほしいと川崎氏に寄贈され、恵泉女学園大学やグリーンライブセンターで育ててきた。

 グリーンライブセンターでは12鉢を育ててきたが、他のバラと同様に5月中旬にそのすべてが花を咲かせたという。「普通のバラの咲き方よりもゴージャスでピンクの濃淡があって品がある」とスタッフ。休館明けとなる6月には見頃が終わっているため「皆さんに見てもらいたかった」と惜しむ。

 今後、川崎氏のメッセージ動画と一緒に市内の中学校に鉢を配布する予定だという。

多摩版のローカルニュース最新6

来月、節分祭

一ノ宮の小野神社一般参加も可

来月、節分祭 社会

1月20日号

朗読者を募集

朗読者を募集 文化

3月に八王子の寺院で収録

1月20日号

「パル多摩」現状は?

「パル多摩」現状は? 文化

再オープンまで半年

1月20日号

「練習通り」2部門で栄冠

多摩ハンド

「練習通り」2部門で栄冠 スポーツ

調布市の小学生大会で

1月20日号

「NTスポット」新宿で

「NTスポット」新宿で 社会

市らの多摩魅力発信事業 

1月20日号

スタンプラリー実施中でも・・・

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook