多摩版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

「I CAN」のバラ咲く  GLC(グリーンライブセンター)で核廃絶の思い重ね

社会

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena
ピンクの濃淡があり品があるという「I CAN」
ピンクの濃淡があり品があるという「I CAN」

 現在休館中の市立グリーンライブセンターでこのほど、約100本のバラが見頃を迎え、今年新たに加わった品種「I CAN」も大輪の花を咲かせた。

 同センターでは、毎年5月に「ローズウィーク」と題したイベントを実施し、連日多くの人出で賑わいを見せている。今年は、新型コロナウイルスの影響で4月から休館。同イベントも中止となった。

 そうした中でも同センターのスタッフの手により花を咲かせたバラの数々。「I CAN」は恵泉女学園大学講師で非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン(I CAN)」の国際委員を務める川崎哲氏から、今年2月に多摩市に寄贈されたバラだ。

 このバラは、被爆者で広島県在住の育種家・田頭数蔵氏が、NGOのI CANがノーベル平和賞を受賞したことに感銘を受けて、新しくできた品種に同じ名前を付けたもの。核兵器廃絶運動に役立ててほしいと川崎氏に寄贈され、恵泉女学園大学やグリーンライブセンターで育ててきた。

 グリーンライブセンターでは12鉢を育ててきたが、他のバラと同様に5月中旬にそのすべてが花を咲かせたという。「普通のバラの咲き方よりもゴージャスでピンクの濃淡があって品がある」とスタッフ。休館明けとなる6月には見頃が終わっているため「皆さんに見てもらいたかった」と惜しむ。

 今後、川崎氏のメッセージ動画と一緒に市内の中学校に鉢を配布する予定だという。

多摩版のローカルニュース最新6

甲子園交流試合「悔いなく、楽しく」

国士舘高校

甲子園交流試合「悔いなく、楽しく」 スポーツ

参加を表明 練習を再開

6月25日号

配送手伝い「輪を広げたい」

配送手伝い「輪を広げたい」 社会

マイニチWOW’ONの矢部さん

6月25日号

掲示板でお得な情報を

掲示板でお得な情報を 社会

KAOFESが開設

6月25日号

農家支援の輪 地域に広がる

農家支援の輪 地域に広がる 社会

給食用の玉ねぎを購入

6月25日号

生活困窮世帯に弁当配布

生活困窮世帯に弁当配布 社会

NPO法人どんぐりパン

6月25日号

「最後まで読んで興味を持って」

「最後まで読んで興味を持って」 社会

シニア向け冊子 平田さんがイラスト

6月25日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月25日号

お問い合わせ

外部リンク